ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

PCゲーム

【pedit5】現存する一番古いコンピュータRPGを遊んでみた!

更新日:

プレイできるコンピュータRPGで一番古い『pedit5』

先日の記事で取り上げた本『ロールプレイングゲームサイドVol.1』。

pedit5-title

その特集内であった現存する世界最古のコンピュータRPG『pedit5』。今でもエミュレータ上で遊べるため、ちょっと遊んでみました!

 

D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)をベースとしたシステム

Pedit5-1

まずはキャラクター作成画面。

・Strength(筋力)
・Intelligence(知力)
・Constitution(耐久力)
・Dexterrity(敏捷力)

という4つのステータスが存在。どれもD&Dで出てきているステータスですね。

名前と真名(?)を入力すると、ゲーム開始!

 

Pedit5-2

おお…

これは、なんというか…

 

Pedit5-2-1

シンプル イズ ベスト。

ダンジョンの壁は1本線、扉らしきものも把握できます。意外に主人公のグラフィックがきちんとしてるといいうか、剣と盾、そしておそらく兜もつけてるような見た目です。

今から40年前ということですが、意外としっかり作られてるような?

 

pedit5-3

ダンジョン内は方向キーで進むことができます。エミュレータなので、動くスピードは当時とまったく違うと思いますが、かなりサクサクです。

 

さて、ダンジョンを進んでいたら敵が出現!

pedit5-16

画面の下に『Level 4 Wight』という表示が。レベル4ワイト、ってことですねこれ。さて、自分のレベルは1。これって勝てるのか…?

 

fキーで戦う、rキーが逃走、呪文を使う場合はmかcキー。魔術師用はm、僧侶用はcです。レベルごとに回数制限があるのもウィザードリィと同じですね。

pedit5-5

とりあえず、ウィザードリィの王道パターンは呪文で眠らせてからの通常攻撃(眠ってる敵には攻撃がガリガリ当たる)。なのでpedit5でも同じ戦法が効くかどうか試してみました。

魔術師系のLevel1呪文からスリープを選択し、放ちます!

 

スクリーンショット 2015-05-11 09.52.38

…スリープは効かなかったけど、そのあと戦ったら勝てました!

戦闘はサックリそのもの。効果音なども一切ないので淡々と進みます。これは意外と楽なのか?

 

pedit5-13

またダンジョン内をウロウロすると、宝箱とLv2スケルトンが出現。さっきのワイトよりレベル低いので、通常攻撃を選択。

 

 

pedit5-15

「私達は、混沌の勢力との闘いにより、あなたが死んだことを発表します(意訳)。さらば勇士!」

 

死 に ま し た ―

 

ボタンを押していきなり出る死亡メッセージ…。このシンプルさはさすが現存する最古のコンピュータRPGです。

ただ、ゲームとしてはツボを押さえており、ダンジョンRPGを遊んだことがあるなら問題なくプレイできますね。

 

pedit5-8

▲スリープが成功したところ。成功すると、敵を一撃で倒すことができました。

 

pedit5-9

宝箱の中にはゴールドや宝石、マジックソードなどが存在。このあたりもウィザードリィを思い出させる要素です。

 

現存する世界最古のコンピュータRPGは、意外といい出来

40年前に作られたこともあり、見た目はさすがに古いです。

しかし、『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』のシステムをベースにしていることから、意外に中身はしっかりとしたRPGとして成立しています。

特にダンジョンRPGに見られる、探索でこの先はどうなっているんだろう?とか、戦闘でやるかやられるか?という面白さは、本質的にこの時代から変わっていないんだなーと感じます。

 

pedit5-7

本作を遊ぶと、RPGの進化が身を持って体験できます。話の種にもなりますし、ゲームの歴史を知る上でも貴重なのでプレイしたくなった人はぜひ遊んでみてください!

 

おまけ:pedit5で遊ぶ方法

pedit5で遊ぶには、

①『http://www.cyber1.org/』でPLATOのエミュレータをダウンロードする

 

cyber1

②『http://www.cyber1.org/register.asp』で名前、メールアドレス、住所などを入力。

 

cyber1-2

③2、3日すると登録したメールアドレスにログインに必要な名前とグループ名が到着。それを使ってログイン!

サイトもPLATOエミュレータもすべて英語のため、ちょっと大変かもしれませんが、英語が5段階で3だったおしょ~の英語力でもなんとかなりました。

 

また、pedit5のプレイについてはサイト『pedit5 日本語マニュアル』がすごく助かりました。NEXTキー=リターンキー、をはじめ、画面で表示されているキーがどのファンクションキーに対応してるのかを把握した上でプレイを進めてください。

 

 

【関連記事】

・【ゲーム関連本】ロールプレイングゲームサイドVol.1。RPGの歴史を知る上で必読の一冊。

 

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-PCゲーム

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.