おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

続編ゲームの名前に『真』を付けると、売り上げが半分に落ちる?

   

ゲーム自体は良くなってるのに売り上げが落ちる

「そんな悲しい運命(さだめ)を背負ってしまったのはこのゲーム!」

真・北斗無双

「あたたたたーっ! お前はもう死んでいる!」

「前作の『北斗無双』は55万本売れてましたが、あなたは26万本と売り上げが激減してますね! 何か理由は考えられますか?」

「むぅ…スピード感は上がったし、使えるキャラは増えたし、カイオウ編まで入ってる
…。何が悪いのかわからないぞラオウ!」

「なるほどー、ゲームがパワーアップしてるのに原因がわからないんですね…。あと私ラオウじゃないですー」

「天に還る時がきたのか!」

「はい、ありがとうございましたー」

■真・北斗無双は前作から売り上げが半減

具体的にはこれだけ差がついています。

北斗無双553,229本
真・北斗無双263,371本

北斗無双は動きがかなりモッサリしていて、シナリオも短く使用キャラも少なかったため、ユーザーの評価は今ひとつでした。しかし続編となる真・北斗無双は動きの高速化、原作を細かく踏襲したシナリオ展開、第二部のカイオウ編のキャラまで使えるなど、かなりのパワーアップを果たしていました。

しかし、真・北斗無双では売り上げが急激に落ちています。なかなか続編で半分以下って無いですよね。ゲーム自体は良くなっているのに、なんで半減してしまったのでしょうか?

※タイトルに『真』がついているゲームといえば、真・三國無双があります。ただこれはPS2で発売したときから『真』がついていたため、ユーザーも普通に認識できたのでしょう。(もともと三國無双は格ゲーでした)

■タイトルに『真』ってついていると、新作とは認識されづらい

普通に2や3とついていれば、ああ、2なんだなーってひと目でわかります。ただ、『真』ってついていると完全版かもしれない、と思われてスルーされる可能性があります。

というのも、12/19に発売する『真・ガンダム無双』。予約の入りがちょーっと悪いんですよね。使用機体は増えていて、2で好評だったオフィシャルモードが復活、100機以上のプレイアブル機体などかなりパワーアップを施されてます。

ただ、予約が…少ない…(;´Д`)

ウチがアピール不足と言われたらそれまでなんですが、ちょっと今回の予約数はシリーズ通して30万本を超えているゲームとは思えない数値なんですよね。

ガンダム無双3
ガンダム無双3371,133本

真・ガンダム無双
真・ガンダム無双 ?本

今回のガンダム無双がどれだけの売上本数になるのか? それによって『真』がついたことの効果がはっきりするはず。さすがに半減はしないと思うんですけどね…(;´Д`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - 雑記