ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲームお役立ち知識

uke-torne(ウケトルネ)を使ってtorneで撮った動画をVITAで観よう!

更新日:

torneで録画した映像をVITAで観る

PS3の周辺機器『torne』は地デジを録画できる機能があります。で、そのtorneで録画したものをVITAに移して観ることができるんです! これが非常に便利です。

 
uke-torne1
▲用意した物はこれ。
・USBハブ
・16GBのメモリーカード

USBハブは、VITA接続用として買いました。

おしょ~の持っているPS3はスプラッシュ・ブルーの250GB。これ、USB端子が2つしかついておらず、加えてtorne本体&外付けハードディスクを繋いでいるためVITAが接続できないんですね。なのでUSBの端子数を増やすUSBハブが必要になるわけです(ちなみにUSBハブには、バスパワー型とセルフパワー型がありま。)

しかし、VITAに動画を移す場合、セルフパワー型のハブを使わないと動画がうまく移せないことがあるようです。(セルフパワー型はACアダプタを接続して安定して電力を供給する形)

そして、VITA本体にも『uke-torne(ウケトルネ)』というソフトをPS Storeからダウンロードしておく必要があります。

 
uke-torne2
▲2段目、1番右のアイコンがウケトルネ。

 
uke-torne3
▲最初に立ち上げると、メモリーカード内に動画の保存領域を作ることになります。

 
uke-torne4
▲メモリーカードによって作れる領域が違います。複数種類から選べるので、自分の利用状況に応じて設定すると良いでしょう。

 
uke-torne5
▲おしょ~は12GBを選択しました。

この領域を作っちゃえばあとはカンタン。PS3にVITAを接続し、torneからVITAで観たい動画を選び、メニューから保存するだけです。

進撃の巨人などのアニメもこの通り!

 
uke-torne6
進撃の巨人も…

 
uke-torne7
ジョジョもこの通り!

 
uke-torne8
▲画質はさすがに落ちますがVITAで楽しめるのはかなり大きいですね。

録画設定を『クイック書き出し』に

あ、動画を移す時間は録画した時間の8割程度かかるので、何話も移すのはけっこう時間がかかります。ただ、torneの録画設定で『クイック書き出し』を有効にしておいてください。これで書き込み時間をかなり短縮できます。

おしょ~はこの設定をしていなかったので今ある録画したヤツは、全部時間かかっちゃいますが一度設定すれば録画時にVITA用の仕様でも録画してくれるようになります。

帰郷で電車に何時間も乗る!なんてときはゲーム以外にもお気に入りのアニメや映画を何本か入れておくと、ヒマな時間が無くなるのでオススメです!(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲームお役立ち知識

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.