ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

コンシューマゲーム

【レビュー】CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)体験版。購入を決定づける非常に良い出来!

更新日:

科学アドベンチャー第4弾

11/27にXboxOneで発売予定のCHAOS;CHILD(カオスチャイルド)。体験版をクリアしました!

 

プリント

セリフはすべて聴いて、プレイ時間は約3時間ほど。プレイし終わったときに思ったのは

早く続きがプレイしたい

でした。体験版を遊んで自分の中で購入決定です。導入部分の流れとしては、非常に良い出来。カオスヘッドを未プレイの自分でもぜんぜんプレイに支障はありません。純粋にアドベンチャー好きにオススメできる内容となってます。

 

凄惨な事件の謎を追う

自分の手を切断して食べてしまったり、ストリートライブ時にお腹に埋め込んだスピーカーから音を出していたなど、起こる事件は凄惨かつグロい要素を含んでいます。血の描写などもあるので、苦手な人はちょっと大変かも。

 

cc7-2

▲最初の事件の死亡者。最初からこのグラフィックか!と驚きました(苦手な人のためにモザイクをかけてあります)

 

6年前に起きた事件は、カオスヘッドを遊んでいる人には既知のものだと思います。おしょ~は未プレイのため、主人公と同じような認識になったのは逆に良かったです。

 

cc6

次々に起こる事件と過去の事件との関連の見え隠れするのも、先が気になりますね。ゲーム内でわかりやすく整理するパートがあるため、謎解きや考察が苦手な人でも大丈夫でしょう。

 

キャラクターの性格付けや描写が良い

第一章がまるまる遊べる体験版。最初から多数のキャラが登場し、物語を彩ります。カオスヘッドからさらに繊細なタッチで描かれるキャラクターはとても魅力的。

 

cc2

ロボティクスノーツの主人公が好きになれなかった理由は、起きる出来事に対して能動的でないところでした。物語の主人公はプレイヤーの分身でもあります。やはり物語を動かす、謎を解くための行動力が欲しいんですよね。

その点、今回の主人公、拓留は合格です。人見知りのコミュ症ですが、行動力はかなりのもの。いざというときに勇気は見せてくれますし、ダメな部分も描かれていて感情移入できるキャラクターに仕上がってます。

女性キャラもかなり可愛く、見た目、性格、声。この3つが高いレベルで仕上がってます。

 

cc4

個人的に注目している、女性声優のブリドカットセーラ恵美さんがヒロインの1人、来栖乃々を演じているのも良かったです。主人公はソードアートオンラインで主人公キリトの声を担当している松岡禎丞さん。上手な声優さんが演じていると物語への没入度がアップしますね。

 

時流を反映した物語内の環境

ネットにはじまり、ツイッターや動画サイト、まとめWikiにニュースサイト。リアルにプレイヤーが見て使っているこれらの要素。これがゲームに上手く生かされています。

 

cc1

日頃、いろいろな事件がネット界隈を賑わせて話題になります。ゲーム内の事件もそれと同じように広がっていく描写がされており、非常に自然に受け止めることができます。

今回はホラー系、猟奇的な殺人が多いので、それに対してヤジウマがツイッター(ゲーム内ではツイぽ)で述べている感想は実際にありそうなものばかり。

また、渋谷の街に実際に貼ってある力士シール。これがストーリー上で重要な役割をになっているのも面白いです。

cc8

▲ゲーム内の力士シール。

 

rikisi

▲実際に貼ってある力士シール。現実にあるものから着想し、ゲーム内の要素として取り込んでいます。原作者の志倉千代丸さんは日頃からアンテナをいろいろなものに張っているんでしょうね。

 

発売が楽しみになる体験版

cc9

第1章がまるまる遊べた今回の体験版。終わり方も非常に気になるものでした。この先も期待できるため、とりあえず購入は決定です。限定版の内容しだいでは限定版を買っちゃうかもしれません。

何はともあれ、発売まで悶々とする日々が続きそうです。いやー、先が楽しみです(*´∀`)

 

(2015/03/31追記)PS4/PS3/VITA版の体験版が配信開始

内容はXboxOneと同じく、第一章をまるまるプレイできる形になってます。トゥルーエンドまでクリアした後にこの第一章を振り返ると、本当にいろいろ感慨深いというか…。隠されている真相を想像しつつ、楽しんでみてくださいね(*´∀`)

 

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-コンシューマゲーム
-, , ,

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.