ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

コンシューマゲーム

ジュブナイル好きは刮目!『魔都紅色幽撃隊』が4月発売に決定。

更新日:

今井秋芳監督最新作

『東京魔人學園伝奇』シリーズ、『九龍妖魔學園紀』を手がけた今井秋芳監督。彼が新たに手がけるゲームが『魔都紅色幽撃隊』です。

魔都紅色幽撃隊0

今回も主人公はとある學園に転入してきて、昼は仲間たちと交流を深め、夜はゴーストハント(霊退治)をするという展開。過去作をやっている人にはおなじみの設定です。

ゲームショウでも時間を見つけてプレイしたりと個人的にチェックしているゲームの1つ。今回、4月発売が決定したことでそろそろ予約しようかなーと思ってます。

■學園、仲間、探険が魅力

今井監督の手がけるシリーズは設定や状況がけっこう似通っています。それって鮮度的に大丈夫なのか、遊んだことがない人は気にかかるところだと思います。ただ、それはまったく気にならないというか、むしろメリットなんですね。

學園が主な舞台ということで、仲間になるのはほぼ高校生ばかり。その仲間たちと絆をはぐくんでいったり、困難を乗り越えていく過程が面白いんですよね。

魔都紅色幽撃隊2
▲本作のヒロインと思われる深船さゆり。今回も個性的な仲間がたくさん登場しそうです。

また、システム回りも独特で今回は特に戦闘面が突き抜けてます。

 
魔都紅色幽撃隊1
霊である敵は見えないため、移動する位置を予想して自分も移動し、攻撃をするSLGを思い出させるシステム。うまく仲間と連携し、敵を追い込む形にするにはどうするか。それを考えるのが面白いですね。

 
魔都紅色幽撃隊3

■イベントシーンやキャラの立ち絵がぬるぬる動く『GHOST』

これはけっこう見てみるとおおっ!と思うので、下のムービーをご覧下さい。

従来なら止め絵なイベントシーンが髪の毛がたなびく演出によりより印象的な場面になっています。今までのシリーズでは見られなかったもので、こういった新技術も導入してくれているのは良いですね。

 

各キャラも会話中にぬるぬる動きます。個性的な仲間がどういった動きを見せてくれるのか楽しみですね。

発売は4月ということでまだ3ヶ月近くあります。ただ、かなりのコア向けタイトルなので今のうちから予約しておくのがベストです。予約が入っていないとお店も追加入荷とか、そもそも初回の発注数が多くできないんですよね。

逆に発注前に入っていると発注数も強気に多めにいけますし、ユーザー側としても確実に発売日に手に入ります。というわけで、このブログを見ているようなコアな人で興味が本作に出た人は、ぜひ近くの店で予約してもらえればと思います(*´∀`)

魔都紅色幽撃隊 公式サイト

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-コンシューマゲーム
-,

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.