ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲーム音楽ライブ

ライブに行ったことがない人にもオススメ、『2013 世界樹の迷宮LIVE』レポート!

更新日:

はい、というわけで…
7月15日に行われた
『2013 世界樹の迷宮 LIVE』に
参加してきました!

今回は

MC:古代祐三、磯村知美
演奏:SQ F.O.E band
(上倉紀行(Keyboard)、副田整歩(Saxphone)、
テイセナ(Violin)、 宮崎大介(Guitar)、
中西道彦(Bass)、白川玄大(Drums))

という顔ぶれで
『世界樹の迷宮4』『新・世界樹の迷宮』の楽曲を
バンドで演奏するというものです。

世界樹シリーズ、
そして古代祐三さん好きとしては
行かざるを得ない!ということで
前売り券の抽選に見事当たり、
本日行くことができました。

【開演前】

2013sqlive-1
場所は目黒駅近くの
ライブハウス、『THE LIVE STATION』。
箱としてはかなり小さなところです。

開場は13:00だったのすが、
ちょっと早めの12:20ぐらいに
目黒駅に着いたので
コインロッカーに荷物を入れて
デジカメと財布だけの身軽な
格好で向かいました。

会場前にはライブに来たと
思われる方がそこそこいるので
すぐわかりました。

とりあえずライブハウスの階段を降りて
物販スペースを確認。

2013sqlive-2
2013-sqlive-3
物販スペース。
廃盤になっていて、手に入りづらかった
世界樹のサントラ。

このライブの前に再販されて
新品で買えるようになりました。
ただ、ライブに来る人は
ほとんど持っているんじゃないかなーと思います。

古代さんのサイン会とかはなかったのと
外で待っているにはかなりの暑さだったため
ここでいったん近くのカフェに待避。
会場時間になるのを待ちました。

会場時間になると
チケットの整理番号順に呼ばれて
ライブハウス前の階段に並んでいきます。
おしょ~は整理番号139番だったので
入った順番としては後半のほうだったんですかね。

そしてライブ会場に入ると…

2013-sqlive-4

人多っ!

場所的には真ん中といったところで
ステージ全体は見えないものの
演奏を聴くには十分な場所。

そして、ここで開演をしばし待ったのですが
周りのみなさんが
3DSを開いている
じゃありませんか。
おそらく、このライブハウス始まって以来、
一番多くの3DSが

持ち込まれたんじゃないかと思います(*´∀`)

そして、SQ F.O.E bandの面々が
ステージに現れ、演奏が始まりました!

【演奏について】

セットリストは以下の通り。

「世界樹の迷宮4 伝承の巨神」より
・戦場 疾風
・迷宮I 碧照の樹海
・街景 碧空に抱かれた街~街景 宵闇は温き安らぎ
・戦場 一重向こう側の死
・戦場 己が信念を杖に
・戦乱 吹き荒ぶ熱風の果て

「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」「世界樹の迷宮」より
・the beginning of the end
・迷宮I 翠緑ノ樹海
・鉄華 初太刀
・街景 明日語りのラウンジ
・鉄華 恍惚
・眠らずの戦場
・英雄は生まれ物語は続く(アンコール)

これだけの狭いライブハウスは
学生時代に一度体験したっきりだったのですが
音量は低すぎず高すぎず、
かなりベストだったんじゃないかと思います。

最初の『戦場 疾風』は
耳慣れていることもあって
最初から体が動いちゃいました。

サントラやアレンジサントラで
何回も耳にしてる曲でも、実際に生演奏で
聴いてみると、感動の度合いが違いますね。
特に戦闘曲は鳥肌が立つことが何回もありました。

世界樹のサントラはもう全部口ずさめるぐらい
聴きこんでいたんですが、
やっぱり生の迫力はすごかったですね。

難しい曲(後述)である
『鉄華 恍惚』も演奏しちゃうという
気合いの入りっぷり!

楽器のことについては
すまないことにさっぱりなのですが
素人目からの感想としては

・サックスの副田さん
戦闘曲でもゆったりとした街の曲でも
余裕を持って演奏していて
終始安定していた印象です。

・バイオリンのテイセナさん
しっとりと聴かせるところと
激しいところでの緩急の付け方が
素晴らしいなーと。
綺麗な方だったので、それも含めて
存在感バツグンでした。

・ギターの宮崎さん
前述の2人にとは対照的に
控えめに演奏しつつ、
激しい曲の見せ場では
ギターをかき鳴らしていましたね。

・ベースの中西さん
・ドラムの白川さん

おしょ~の位置からだと演奏している姿は
残念ながら見えなかったのですが
曲の合間でベースやドラムを
意識して聴いてみると気持の籠もった
音になっていたと思います。
『鉄華 恍惚』とか大変だったんじゃないかなぁ。

・キーボードの上倉さん

迷宮Ⅰ翠緑の迷宮では
序盤のメインメロディが
キーボードだったので
目を閉じて聴き入りました。
たまーにMCに混ざったりして
ナイスな答えを返したりして
面白い人柄も伝わってきましたね。

細かいところでは、
迷宮Iの曲が世界樹4と新・世界樹から
セレクトされていたのも良かったです。

おしょ~はいまだに忘れないんですが、
DSの世界樹1ではじめて
第一層目の翠緑の樹海に入ったとき
その音楽にものすごく感動したんですよね。

また、最初に全滅した想い出も含め
世界樹を代表する曲だと思っていたので
今回聴けたのはとても良かったです。

時間としては中で10分の休憩を挟み、
1時間30分ぐらいでした。

正直、もうちょっと演奏聴きたい!
という感じでしたが
女性もそこそこいたので
オールスタンディングでは
ちょうどよい長さなのかなーと(・ω・)

さて、事前にHPで募集したリクエスト、
ここには2と3の曲もあったんですが
これは今回は演奏されませんでした。

それはなぜかというと…
会場では磯村さんの口から
発表されたんですが
終演後に渡されたポストカードに
その答えが載っていました。

2013-sqlive-5
▲ポストカード表面。
今回のLIVEのために
世界樹のイラストレーター
日向さんが描き下ろしています。

2013-sqlive-6
▲裏面の下部分を見てみると…

2と3の楽曲を中心にした
『世界樹の迷宮LIVE』が2014年開催予定
とのこと!

『迷宮Ⅳ 桜ノ立橋』や
『戦場 それぞれの正義』あたりは
絶対にライブで聴きたい!
と思っていたので、これは次回の楽しみとして
首を長くして待ちたいと思います(*´∀`)

そして、
バンドアレンジCDも制作決定!
これはライブに行けなかった人とかも
その演奏に近いものを聴けると思うので
これも詳細が楽しみですね。

2と3のアレンジは古代さんではなく、
3はベイシスケイプの
上倉さんが担当しています。
※2011年にベイシスケイプを退社

開催自体は上倉さんも
はじめて聴いた、とのことですが
前向きな発言をしていたので
来年は2や3の曲がライブで聴けると思います!


【MCについて】

曲の合間合間には
MCの磯村さんと古代さんの
会話が繰り広げられたんですが
これがかなりディープな話題というか
面白い内容だったんです。

基本、磯村さんが古代さんに
質問を振る形だったんですが、
磯村さんもかなり世界樹を
やりこんでいるような感じでした。

「毒アゲハをレンとツスクルが倒しちゃったりして
DS版ユーザーが感じた絶望を、
新世界樹からのユーザーとは共有できてないかも?」

という話をしたあたり、個人的にも
好きなんだなぁと思います。

さて、いろいろ聴けた話は
ライブに行った人だけじゃもったいないので
ちょっとその話を抜粋してみました!

-------------------------・『鉄華 恍惚』について
F.O.E bandのキーボードを担当された
上倉さん曰く、『酷い曲』。
メンバーに楽譜?を渡したら、
「凄いのが1曲あるねー(;´Д`)」
と各人から言われたそうです。

それを受け古代さんは

( ´∀`)<「まぁ、演奏するつもりで作ってないですからねー」

という鬼畜な答えを。

今回の新・世界樹で生演奏を録音するときも
『鉄華 恍惚』はメンバーの体力がある
一番最初に録ったとのこと。

-------------------------
・『眠らずの戦場』について

これは、
世界樹1の特典『アウトテイクサントラ』に
入っていた、ボツ曲だった。

世界樹1で音楽制作の依頼があったとき、
1のディレクターの新納さんと
世界樹の音楽をどういう方向性にしようか
協議を重ねていた中、サンプルとして

新納さん<「ロマサガっぽい戦闘曲できないですかねー」

なので、古代さんはそこからロマサガのサントラを
聞きまくり、コードを書き出してピアノも弾いてみてこの曲を作ったそうです。

そして、新納さんに提出してみたら

新納さん<「ちょっとベタベタすぎ」
ということでリテイクを喰らい、
そのあと改めて通常戦闘曲を
作ることになったとのこと。

-------------------------
・『the beginning of the end』について

新・世界樹のOPで流れる音楽。これは今作でリテイクが
一番多かった曲(5回)

作成するとき、
OPのコンテもなかったそうです。
素材はあったので、
自分でムービーみたいなのを作って
それに曲を合わせて作曲したとのこと。

ディレクターの小森さんからは

(・∀・) < 「某ゲームのオープニングのイメージで」
※某ゲームとは、
古代さんの代表曲として挙げられる『イ○ス2』

そして、小森さんがリテイクを出そうとしたとき
新年1発目にリテイクを出すのはどうかなーと
抵抗があったとラジオで述べていたそうですが

古代さんは、
出すならリテイクはすぐ出して欲しいそうです。
提出して1週間ぐらい経ってからだと
テンション変わってるのでちょっと辛いとのこと。

-------------------------
・新ダンジョン『グラスヘイム』の曲について
新・世界樹で新しいダンジョンとなる、『グラスへイム』

制作時に聞いた話だと、
裏ダンジョンだと思ってたら、
階層の間に挟む形のダンジョンだった。
なので、テンションおとしめで作曲してみたけど。
もうちょい上げて作曲しても良かったかなーと。

新・世界樹では、DS版の曲を先に作っていて
グラスヘイムは後回しだったそうです。


古代さん<「でも、予算というものがありまして…(;´Д`)」

※このセリフを聞いた会場のお客さん爆笑

グラスヘイムの曲を作るころには、
予算がもうなかったそうです。
なので、グラスヘイムの曲は
ギターやベースを自分で演奏して
演奏しては録り、演奏しては録りという感じで
細かく切り貼りして録ったそうです。

-------------------------
・『戦場 一重向こう側の死』について

この曲は、
古代さんの中では
ちょっとやっちゃった感あり。

ドリフみたいで。

※若い人のために補足すると
ドリフターズがやっていたTV番組
『8時だよ、全員集合!』の中で
使われていた曲『盆周り』のこと。

▲一度は耳にしたことがある、はず。
確かに似てい…る?

-------------------------
その他、細かい話しなど

・FM音源と生演奏では
それぞれに作り安いところと苦労するところあり。
FM音源はこだわると細かいところまで
打ち込む必要あり。その分大変かも。

・昼と夜で音楽切り替わるので、
グラフィック面もどうか(磯村さん)
→自分からも言って見る(古代さん)
・戦闘曲の人気があるのは順当かと。
FOEの曲は演奏が難易度高い。
→上倉さん、演奏前に演奏大丈夫かと振られて
「たぶん大丈夫」との答え。

・古代さんは今、
新・世界樹をプレイ中で第五迷宮まで。全滅5回ぐらいしているそうです。第3層のワニで2回ぐらい全滅したとのこと。

・体験版を遊んだときは、
ずいぶんカンタンになっていたので
大丈夫かな?と思っていたが
製品版は難しくなっていたので安心。

・DS版からの音楽移植については
原音イメージのままの
ストレートなアレンジにした。
譜面見ないで頭に入っているもので作り上げた。
原音をあとで聴くとこんなに早かったっけ?
って思うことも。

-------------------------
と、なんかものすごく
長くなってしまいました(;´Д`)

まとめると、演奏もMCも
世界樹ファンとしてものすごく楽しめました!
来年開催のライブも
絶対に参加したいですね。

開催場所はどうなるか
わかりませんが東京近郊の人なら
参加する価値はメチャクチャあると思います。

今はネット配信の動画などで
いろいろ見られる時代ですが
だからこそ、アナログ感というか
自分の耳で、生で感じる体験、というものが
貴重になってきていると思います。

おしょ~もゲームのライブ自体
『PRESS START』を
1回見に行ったぐらいで
実は今回が2回目です。

でもそんなのぜんぜん関係なくて。
好きなゲームの音楽を聴きたい!っていう
想いがあれば、初めてでも
積極的にライブに行ってみる。
そんな感じで良いんじゃないかなと。

2013-sqlive-7
2013-sqlive-8
▲ライブ会場で配られたフリーペーパー。
ここに載っているゲーム音楽イベントも
かなりの数があります。

参加する人が増え、
こういったゲーム音楽のライブが
もっともっと広がりを見せればいいですね。

そんな感じで、
心身ともに充実した今回の
『世界樹の迷宮LIVE 2013』でした!

あ、ちなみにおしょ~は
駅のコインロッカーに
3DSごと突っ込んできてしまったので
古代さんや磯村さんと
すれ違うことはできませんでした(涙)

2013-sqlive-9
▲それでもすれ違えた方々!
みなさん強くてグリモアの内容も
おしょ~とは比べものにならないぐらい
充実してました(*´∀`)

いや、ライブハウスだっていうから
荷物ない方がいいかなと思って…。
今度のライブでは会場まで持って行くぞー!

※2013.07.16追記
上倉さんはベイシスケイプを
2011年に退社されていましたので
修正しました。ご指摘感謝です!

【関連サイト】
・『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』 『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』がバンドサウンドに! 世界樹の迷宮LIVE2013
・ゲーム音楽の演奏会、コンサート情報のポータルサイト[2083WEB]ゲーム音楽の演奏会、コンサート情報のポータルサイト[2083WEB]

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲーム音楽ライブ

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.