ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲームミュージック

【サントラレビュー No.047】『グランナイツヒストリー オリジナルサウンドトラック』。ベイシスケイプの若手が担当ながら全体的にレベルの高い1枚

更新日:

ベイシスケイプが作曲を担当

ベイシスケイプといえば、タクティクスオウガやFFタクティクスの作曲を担当した崎元仁さんが立ち上げた音楽制作会社。朧村正やドラゴンズクラウンなどの曲を手がけています。

02 03

0104

そのベイシスケイプの若手が曲を手がけたのがPSPの『グランナイツヒストリー』です。ゲームはファンタジー擬似オンラインゲーム、のような感じで、個人的にはかなり楽しめた1本でした。

 

IMG_0403

そのサントラがこれ。『グランナイツヒストリー オリジナルサウンドトラック』。ゲームに負けず劣らず、良曲が揃っている2枚組のサントラです。

 

IMG_0404

2枚組で収録曲は45曲。ごくごく普通の曲数です。しかし満足度はかなり高いです。というのも…

 

■戦闘曲がとにかく秀逸

全体的にファンタジー風味かつ、戦の雰囲気を感じさせる勇壮なものが多くなってます。その中でも戦闘曲。これがかなりの良曲ぞろい!

『Fighting Back』『Assault of Brave Flame』『Fighting Blade』『Charge!!』

などは耳にしているだけで胸が熱くなって鼓動が早くなるぐらい盛り上がります。しかも』『Fighting Blade』『Charge!!』はバージョン違いのClimax版も収録。さらに激しい曲調になっています。

『Fighting Blade(Climax)』

イントロからして相当に神がかっています。ゲーム中でこの曲が流れるとテンションMAXです。

作曲者は岩田匡治さん、金田充弘さん、上倉紀行さん、工藤吉三さんの4人。曲ごとに細かく担当が違いますが、アルバムの統一感はバッチリですね。

IMG_0407

ライナーノーツには曲ごとの解説はないものの、ベイシスケイプの金田さんが全体の曲作りへの想いを語っています。個人的には曲ごとに解説があると嬉しいところ。やっぱ、作曲した人のこだわりや想いは聴く身として知りたいですからね(*´∀`)

 

■2枚組のピクチャーディスクは所持する満足度高し。

 

IMG_0405

IMG_0406

2枚組のディスクは両方共ピクチャーレーベルが奢られています。ピクチャーレーベル好きとしては見た目的にも所持する満足度が高いです。

コストがどのくらい違うかわかりませんが、ゲームサントラに関してはできるだけピクチャーディスクで作って欲しい、と思うのは欲張りでしょうか。買う層はかなりコアなユーザーが多いはずで(*´∀`)

 

ゲームを遊んだことが無くても買い

惚れ込んだ曲が1曲でもあれば、そのゲームサントラは買い、というのがおしょ~の持論です。しかし本サントラは1曲どころかかなりの曲が惚れ込むに値する高いレベルを誇ってます。

ゲームを遊んだことがなくてもぜんぜん買い!と自信を持ってオススメできる、非常に満足度の高いゲームサントラです。ベイシスケイプのサイトでも視聴ができるので、他の曲も試しに聴いてみて、合っているようなら買いでOKでしょう。

2枚組でまとまりがあり、お値段も手頃。ゲームサントラ初心者でも聴きやすい良盤ですね(*´∀`)

 

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲームミュージック
-,

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.