おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

『ギンガフォース コンプリートサウンドトラック』。【ゲームサントラ千夜一夜 -第101夜-】

      2016/03/15

フォロワーさんからオススメされて購入

ひさしぶりのゲームサントラレビューとなる今回はこの1枚!

 

20160315-GINGA FORCE OST001

ギンガフォース コンプリートサウンドトラック

作曲を担当した方は全部で8人。

安井洋介、細江慎治、佐宗綾子、小林和博、谷口輝雄、江口孝宏、渡部恭久、齋藤博人という面々となっています。

 

軽快で気分が盛り上がる楽曲構成

これだけ多くのコンポーザーが参加すると、サントラとしてまとまりが無くなってるんじゃ?と思いますが、聴いてみると1つの音楽としてしっかりまとまりがあるのがスゴイです。全体的に軽快な曲が多く、シューティングゲームらしいノリの良い楽曲が楽しめます。

 

20160315-GINGA FORCE OST003

 

お気に入りは安井さん作曲の『Gallant Gunshot [Chapter7]』と『Zenith [Chapter10]』。脈々と受け継がれてきた、ゲームミュージックの王道を感じさせるメロディラインは聴いていてテンション上がります!

『Gallant Gunshot [Chapter7]』は江口さんのアレンジバージョンもイケてます。原曲のスピードや音色を大事にしたアレンジがおしょ~の好みにあっていてツボですね(*´∀`)

 

20160315-GINGA FORCE OST004

▲ライナーノーツで安井さんが『メロディアスでノリノリなシューティングBGM』と語っている通り、POPで王道のゲーム音楽といえるでしょう。

 

嬉しい全曲2ループ収録

20160315-GINGA FORCE OST003 20160315-GINGA FORCE OST006

2枚組みのサントラで全35曲収録と、曲数自体は多くありません。ただ、ジングルを除いたすべての曲が2ループ収録されているんです。

やっぱ1ループだけだと聴いていてちょっと物足りないんですよね。大作RPGのように1曲が5分を超えたりすると1ループで良いのですが、シューティングゲームでは1曲の長さが2分程度のことが多いです。なのでこの仕様はツボを押さえてあっていいですね。

 

ゲームミュージックの王道がぎっしり詰まった聴きやすい1枚

おしょ~は昔、音源やメモリなどに制約があったころのゲーム音楽のテイストが体に染み付いていることから、本サントラから『古き好き王道のゲーム音楽』の良さを強く感じます

曲構成はシンプルであり、最近のRPGのような長大で壮大な音楽とはぜんぜん違います。ただ、それだけにとても聴きやすい仕上がりになっています。

 

20160315-GINGA FORCE OST005

軽快で心躍るメロディが楽しめる1枚なので、シューティングゲームが好みな人はもちろん、テンポが良いゲームミュージック好きに強くオススメできるサントラとなっています。

値段も2枚組で3000円+税とお手頃ですし、こういった聴きやすいサントラって人にも推しやすいのがいいですね(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - ゲームミュージック ,