おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【レビュー】ファイナルファンタジー4。スーパーファミコン初のFFは、ワクワク感が圧倒的だった

      2015/05/20

スーパーファミコン初のFF

1991年。

シリーズとして大人気となっていた、ファイナルファンタジーシリーズ。その第四作目として発売されたのが本作です。

 

FF4-1

ファイナルファンタジー4(1991年 スクウェア)

スーパーファミコン初のFFということで、ものすごく期待しながら電源を入れたことを覚えてます。

 

20150520-FF4-007 20150520-FF4-005

新機種での1作目、ということでユーザーの期待度は最高潮でした。その最高潮であった期待を超える出来だったことから、シリーズの人気と成功をそれまで以上に高みに登らせた、FFにおける『中興の祖』と言えるでしょう。

 

度肝を抜かれたオープニングイベント

今だにはっきりと覚えているオープニングイベント。スーパーファミコンの新機能(回転、拡大、縮小、多重スクロール)を活かした、当時としてはとてつもない迫力があったイベントでした。

FF4-4 FF4-13

飛空艇で進むオープニングイベント。

グラフィックや音楽がファミコンと全く違う次元で、もう心が奪われる、という感じでひたすら画面に見入っていました。BGMの『赤き翼』はFF4で印象に残っている音楽の1つです。

 

20150520-FF4-008

ストーリーもかなりシリアスよりな展開が序盤から続きます。暗黒騎士である主人公セシルが葛藤し悩むシーンは子供ながらに共感したものです。

 

主人公の葛藤、仲間の裏切りなどイベントも衝撃的

本体の進化により、演出部分も強化されていたFF4。

戦闘中でもセリフの応酬がありイベントが進行することも多々あり、そのどれもが心に残るものとなっています。

 

20150520-FF4-004

親友の竜騎士、カインが裏切るシーン。正確には洗脳によるものだったのですが、衝撃度は本作でも1、2を争います。

FF2でもレオンハルトが敵側に付くなど似たような状況がありましたが、戦闘しながら語り合うという演出強化により、キャラクターの心情がよりプレイヤーに伝わるようになっていますね。

 

20150520-FF4-003

バロン城で罠にハマったパーティを助けるため、身を挺して助けるパロム&ポロム。このあと石化してしまった2人を助けようと金の針を使おうとすると悲しいメッセージが…。

 

FF4-14

「おれは しょうきに もどった!」

竜騎士カイン、2度めの裏切りシーン。

まさか2度裏切るとは思ってなかっただけに、当時はかなりの衝撃でした。正気にもどったって言いながらクリスタルを奪うという…。2週目以降のプレイでは装備品を剥ぎ取るなどして、しっかり準備したものです。

 

スーパーファミコン発売から約7ヶ月での登場

本作は新ハードであるスーファミ発売から約7ヶ月という早い発売。しかしながらFF3を超える売上本数を叩きだしました。スーパーファミコンの普及に大きく貢献したソフトと言えるでしょう。

FF4-  FF4-3

ATB(アクティブタイムバトル)を初採用したり、味方キャラ、敵キャラの物語やイベントの強化はその後のFFが進む道を指し示していたようにも思います。

 

FF4-12 FF4-8

今はハードの進化によっての衝撃は正直それほど強くありません。ただ、この時代はまだ見たことがない世界が広がっており、電源を入れた時点でのワクワク感は圧倒的でした。

FF7の衝撃もかなりのものでしたが、本作もそれに負けず劣らず、プレイヤーの心を沸き立たせてくれた本作。数々のリメイクがされており、世代を超えて愛されているRPGですね。

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - コンシューマゲーム ,