ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

コンシューマゲーム

うた組み575[VITA]はセガらしい遊び心に満ちた音ゲーだった!

更新日:

シンプルながら夢中になれる新境地音ゲー

1/23にセガから発売した音ゲー、うた組み575[VITA]。体験版を遊んで予約を決めた1本です。さっそく買って遊んでみました!

 
うた組み575-パッケージ
パッケージ表面。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』で有名なイラストレーター、かんざきひろ氏がキャラデザを手がけています。小豆と抹茶という少女2人が主人公です。

 
うた組み575-1
うた組み575-3
本作ではこの2人の少女がニコニコ動画でよく見られる『○○を歌ってみた』というような動画配信(しかも生放送)をしている、というものになっています。これは昔では見られない設定で、今どきだなーと感じます( ´∀`)

 
うた組み575-パッケージ裏
こちらはパッケージ裏面。『詠(うた)って踊るうた組みアクション』とかかれていますね。

うた組み575-2
本作はリズムアクションゲームなのですが、歌詞がすべて575調で作詞されているのが特徴です。そして、この特徴をいかしてリズムゲームとしては初めての試みをしています。

■プレイ中に歌詞を自分で選択していく

本作最大の特徴がこれ。音ゲーは普通規定の唄に沿ってボタンを押していくのが普通ですが、このうた組み575ではプレイ中に歌詞を選んでいくシーンがあるんです。

 
うた組み575-5
これがその選択画面。歌詞部分は

ゆううつな
そらもようさえ
○○○○○

と表示されています。そしてその下にある『きえ』『かな』『る』という3つの言葉。これを○○○○○の部分に当てはまるように自分で選んで入れていくんです。両脇のピンク部分はリズムを刻むタッチボタンなのですが、これを歌詞選択と組み合わさるとすごいです。

音ゲーとしての部分は感覚的、つまり右脳を使う要素で、歌詞を選ぶ部分は論理的に思考する、左脳的要素が強いです。そしてこの2つを同時に行うと…脳の別々な部分を使う感覚に陥ります。特に初回プレイではかなり新鮮な感覚を味わえます。おしょ~もゲームを36年も遊んでますが、本作を遊んだときに感じた新鮮さは唯一無二のものでした。

■難易度の高いLongの曲に真価が詰まっている

うた組み575-6
体験版は非常に低い難易度の曲が多かったですが、製品版ではShort,Middle,Longの3種類の曲が選べるようになっています。本作の一番の魅力が感じられるのはLongです。

 
うた組み575-8
たとえばこの『箱庭ディストピア』という曲。ShortやMiddleではかなりカンタンなのですが、Longになると難易度が急激に上がります。

 
うた組み575-9
連続した左右の連打に加え、押しっぱなしや背面タッチ(!)を駆使しつつ、歌詞をその合間に選ぶ必要が出てきます。

そして初回プレイで陥るのは、リズムを刻んでいる手が歌詞選択する逆の手に引っ張られリズムが正確に刻めなくなる病です。脳みその違った部分を同時に使うのがいかに難しいかを感じさせてくれるんですが…

それが楽しい!

商談会で遊んだとき、本作の新鮮な操作感に「おおっ!」と思いましたがそれは間違っていなかったです。また、リズムを刻んでいるときの気持良さはしっかりと味わえるようになっています。そこに歌詞選択のシステムが加わることで既存の音ゲーとは一線を画す独特の魅力を作り出すことに成功していますね。

 
うた組み575-7
曲が終わったあともすぐリトライをしたくなるような中毒性もあります。箱庭ディストピアなんてもう何十回と遊んでます(*´∀`)

■歌詞アレンジが自由度高い!

また、本作の大きな魅力として『歌詞がアレンジ』できるところが挙げられます。これ、自由度がハンパなく高いです。曲をクリアしていくとポイントが貯まっていき、そのポイントを使っていろいろな歌詞ワードを購入できます。そしてそれを使っていろいろ歌詞を作れるんですがこれがまぁハマるハマる!

 
2014-01-26-035925

 
2014-01-25-うた組み575-14
たとえば『よわむしな こころかくして いきてるの』という歌詞をいじって…

 
2014-01-25-うた組み575-15
『ドリキャスが ドリキャスラララ ドリキャスが』という風にアレンジすることができます。ドリキャスが好きでたまらない人の歌詞ですね。ワードも普通のものからこういったセガハードの名称など変わったものまで(『マーク』『ツー』『スリー』『ゲームギア』とかいろいろあるんですよこれ(*´∀`))揃っており、ワード単位で変更できるようになっています。

 
2014-01-25-うた組み575-11
ボーカロイドを使っていることが、この歌詞アレンジに最大限生かされてます。こんな風に歌詞をアレンジして歌ってもらい、かつそれを自分で音ゲーとして遊べるなんてすっごい素敵! 近いうちに1曲全部セガハードのことを表現した歌詞を作ってみたいと思います(*´∀`)

はっきり言ってかなりの良作です。もちろんアラが無いわけではなく、主人公二人の会話パートはシンプルだったり、音ゲー部分がすべてタッチ操作のため、おしょ~みたいに手に汗を多くかく人はタッチの反応がプレイ中に悪くなったりする部分が気になったりします。

ただ、セガらしい遊びごころに満ちあふれています。オプション画面でわざわざ唄に合わせて項目の説明を流すあたり、作り手の遊び心がすごく感じられますね。普通の会社ならオプション画面にわざわざ曲を流して説明させようって思わないはずなので。

体験版で想像してた以上に楽しい要素がてんこ盛りのうた組み575。価格は高いですが、買って良かったなーって心の底から思います。2014年最初に買ったゲームが良作なのはすごく嬉しいですね!

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-コンシューマゲーム
-

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.