ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲーム屋ネタ

【涙目】『売れたらお店が赤字』になる中古ゲームソフトを数えてみた(任天堂ハード編)

更新日:

売れたら赤字。

PAO(ぱお。おしょ~が勤めてるゲーム小売店)では、新品と中古ゲームソフト、どちらも扱ってます。

新品ゲームソフトは発売後に評判が悪かったりするとピタッと動きが止まり、泣く泣く価格を下げることがあります。

 

20150623-1

で、中古ゲーム。

これも実は売れた時点で赤字のゲームがあるんです。

通常の仕入れ価格より高い掛高商品を拾ったりしない限り、新品の仕入価格はほぼ一定です。しかし中古ゲームは買取金額をお店が自由に決められます

 

そのため

「このソフト高く買い取っちゃうぞー( ´∀`)」

「あれ、中古在庫ができたのはいいものの、なんか急に売れ行きが鈍くなったぞ…(;´Д`)」

とか

「ぜんぜん中古が動かない…(;´Д`)」

 

なんてことになると大変です。

 

20150623-2

新品と同じくどんどん中古の売値を下げることになり、結果的に買い取った金額の平均金額を下回る、つまり売ると赤字になる状態になってしまうことがあります。

 

PAOにおいて、各ゲーム機10機種で赤字になってるゲームソフトを調べてみました(条件:系列5店舗の中古在庫数が10本以上)。すると…

 

akaji

(※上画像はリストの一部です)

これだけのソフトが赤字としてお店に並んでいるわけで…(血反吐)。

 

今日はそんな

『売れたらお店が赤字になるゲーム』

が、任天堂の各機種(3DS、DS、WiiU、Wii)でどれくらいあるか、本数を数えてみました。それではご覧くださいー!

 

① 3DS:12本

現役機種だけあり、けっこう多いです。

siatDQ

発注しすぎてしまった『シアトリズムDQ』、ファン向け要素の強い『テイルズオブザワールド レーヴユナイティア』とか、なかなかの赤字金額になってます。

基本的には適正に発注できていればOKなんですが、そう上手くはいかないものです…。

 

② DS:2本

一方のDS。

もうメイン機種ではないため、赤字ソフトは2本と少ない結果になりました。

メイン機種でないものは売れ行きも鈍くなってくるため、特価にしたりして在庫を少なくしています。DSはお正月チラシなどで特価セールを行ったりしたので不良在庫もなく、お店的には安心できる状態になってます。

 

③ WiiU:3本

3本。現役機種としては少ないです。

ただ、これは機種全体の発売ソフトが少ない、というのも理由にありますね。そして赤字になっているソフト3本、全部バラしちゃうと…

NINJA GAIDEN 3:Razor’s Edge バットマン   マスエフェクト3 特別版

・NINJA GAIDEN 3:Razor’s Edge
・バットマン:アーカム・シティ アーマード・エディション
・マスエフェクト3 特別版

と見事にコアユーザー向けのゲームが揃ってます。

この3つ、赤字金額が驚きの4ケタ超え

つまり、売れた時点でお店が1000円以上赤字になるという…なんて恐ろしい子!

どれも評判は悪くありません。むしろバットマンなんて名作の部類に入ります。ただ、本体を買うユーザー層とマッチしてないので、中古の回転も悪いです。

またそもそも売れている本数が少なく、買取もあまりこないため平均仕入金額も下がりづらいですよね。そもそも、最初の買取金額を高く設定しすぎたのが原因なので、お店として反省すべきですね(;´Д`)

 

④ Wii:0本

そして旧機種のWiiはと言うと…

なんと0本! 赤字ナッシングです。

WiiはDSと同じく、在庫の圧縮がかなり進んでます。一時期は『ドラゴンクエスト バトルロードビクトリー』が大変でしたが、特価で上手く調整することができました…良かったー。

 

任天堂系ハードでは計17本

となりました。

さて、次はソニー系機種なんですが…なかなかけっこうなことになってます。今から明日の記事を書くのが楽しみです。まさかあの機種であれだけなぁ…。

真・北斗無双

▲ちなみにソニー系で1つ紹介。真・北斗無双です。前作のもっさり感が無くなって、ゲーム的には非常に良くなってたんですが(;´Д`)

 

おしょ~は販促担当という立場上、チラシの特価設定もけっこうな範囲で提案させてもらってます(商品課の許可がいりますが)。

そのため、どの機種でどれくらいの赤字ゲームがあるか、頭で把握していたつもりだったんですが、ちょっと想像以上の機種があったので、それも含めて明日の更新でお届けします。

 

赤字のゲームは売れると赤字なんですが、売れないともっと赤字になるので、結局は売れてくれないと困ります

PAOでは主に金曜日に価格変更があるので、もしお近くの人はめぼしいゲームの価格を覚えておいて、変更されているかどうかをチェックしてみると面白いかもしれませんよー(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲーム屋ネタ

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.