おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【売上ランキング】『Bloodborne(ブラッドボーン)』、並み居る強敵を押しのけ1位を獲得!(2015/03/26)

   

3月はゲームメーカー各社が決算

そして今日は3月最後の発売日。

とにかくたくさんの ゲームが発売しました。激戦を勝ち抜いたのはどのタイトルか? 本日のランキング上位5位を見てみましょう!

 

 

bloodborne

1位 Bloodborne(ブラッドボーン)[PS4]

激戦日を制したのは、PS4の完全新作アクションRPG、ブラッドボーン!

発売日は延期したものの、その影響を感じさせない勢いです。予約も安定して入っていた上に、3月に入ってからさらに予約数が上がり、お店によっては初回版が無くなったお店もありました。

消化率は69%。メーカー提案の発注数で取っており、入荷数はかなり気張った数でこの消化率…素晴らしいです。

メーカーが早期から予約展開に力を注いでおり、お店側としても非常にやる気を感じたタイトルです。内容もデモンズソウル、ダークソウルの系譜を受け継ぐフロム・ソフトウェアらしい難易度に仕上がっているようです。

ちなみにおしょ~も買いました! 今年はPS4タイトルがより充実してきてるので嬉しいですね(*´∀`)

 

 

sao vita

2位 ソードアートオンライン ロストソング[VITA]

2位はソードアートオンラインの最新作がランクイン!

消化率は53%

前作のホロウフラグメントはコアユーザー向けゲームとしては異例の長い売れ行きを誇っています(累計24万本超え)。今回は舞台がALOとなったことで、システム的にも空を飛んだり魔法が使えたりという仕様に変化。

舞台が変化することで鮮度も出る上にゲームにも反映しやすいため、メディアミックスの相性が非常にいいですね。前回は第2期アニメに合わせて大型アップデートがありました。その後、店頭での売り上げが目に見えて上がったこともあり、今回もそういった施策を期待したいですね。

 

wanpi PS3

3位 ワンピース海賊無双3[PS3]

シリーズ3作目となる本作が3位にランクイン!

消化率は36%。

タイトルの知名度からするともうちょっと売れて欲しいところ。発注数もかなり抑えめの中でこの消化率なので、売上本数はかなり厳しい数字になることが予想されます。

1から2で40万本近く売上本数を落としています。仮に今回も半減となると、かなり苦しいです。シリーズとしての鮮度はかなり薄くなっている印象なのでどうにかしたいところです。

 

 

sao ps3

4位 ソードアートオンライン ロストソング[PS3]

4位はPS3版のソードアートオンライン ロストソング!

前作までPSP、VITAと携帯機で続いてきたシリーズだけに、初の据え置き機となるPS3版がどの程度動くかはなかなか読みづらいところでした。

消化率は64%

予想より動きがいいですね。大きな画面でキリトたちの冒険を楽しめるため、据え置きメインで遊んでいた人にとっては待ち望んだ発売だったのかもしれません。初のPS3での発売、という点をもっと考慮できていれば発注数もう少し多くできたかな…反省です。

 

kagura vita

5位 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS[VITA]

閃乱カグラの最新作が5位に突乳してきました。

前作はVITAの普及がまだまだだった頃に発売され、予想を超える売り上げとなりました。

消化率は43%。ソードアートに比べると多少低めですが、まず問題ないでしょう。

爆乳、美少女というわかりやすいウリに隠れがちですが、アクションゲームとして非常に完成度が高いです。おしょ~は前作を買ったのですが、想像以上にスピード感があり、動かしているだけで楽しいアクションに仕上がってました。ネット対戦も盛り上がっていて当時は睡眠時間を削って対戦しまくってましたね。

3DSの閃乱カグラ2はちょっとアレでしたが、本作で盛り返してくれることを期待します(*´∀`)

 

 

ランク外タイトルの状況

siatoDQ

シアトリズム ドラゴンクエスト[3DS]

消化率は18%と厳しい数字。間違いなく発注しすぎましたね(;´Д`) ゲーム的にはある程度の期間売れるゲームなので、長い目で地道に伝えて売っていきます。

 

kagura PS4

・閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS[PS4]

消化率96%。

高木Pごめんなさい。発注ぜんぜん足りなかった…。

ていうか予想を遥かに超えてました。初のPS4での発売、ネット対戦が10人で行える(VITA版は前作と同じ4人)などの差別化が良かったみたいですね。おしょ~もPS4版を買った大きな理由はネット対戦10人でしたし。

大きな画面でぷるんぷるん天国できるというところも、ゲームコンセプトとあっているのかもしれません(*´∀`)

 

disgaia

・魔界戦記ディスガイア5[PS4]

消化率53%

発注本数はかなり抑えました。PS4オンリーでの発売は大きな決断な反面、やはりまだ普及台数的に過去シリーズと同じ数を売るのは難しいでしょう。新しいハードに投入してくれるのは嬉しいので、お店でもなんとかしたいですね。

 

 

明暗がくっきり別れた各タイトル

シリーズ作品がほとんどの中、ライト向けは厳しい結果でコア向けゲームは比較的良好な動きになりました。

今年はPS3のタイトルの売れ行きが予想を下回っていることが多い反面、PS4タイトルの動きが良くなっています

ブラッドボーンは歴代PS4タイトルの中でもトップクラスに良い動きですし、PS4への移行がじょじょに進んできているのかなーと。お店としても発注に関してそれまでのデータを参考にしつつ、今の状況をしっかり見極めないとダメですね。

そんなわけで、3月最後の発売日。2015/03/26のPAO新作売上ランキングでした!

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - 売上ランキング , ,