ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

雑記

SCEJAカンファレンスの発表、個人的ベスト3はコレ!

更新日:

本日15:00から行われたカンファレンス

sony

いやー、けっこう盛りだくさんでしたね!

SCEJA(ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア)の発表会。仕事しながら生放送を流していましたが、ついつい目が行っちゃいました(*´∀`)

いろいろ発表があったわけですが、その中でもおしょ~的に良かったものベスト5を挙げてみました。個人的な好みが出ているものですが、こういう風に捉えてたんだなーと見てもらえれば幸いです。

1位 ペルソナ5がPS4でも発売

いやー、いきなりPS4に対応してくるとは。

 

PS3ベースでしょうから、PS4のクオリティを活かすというよりは対応させた、と言ったほうが正しいかもしれません。

ただ、これでアトラスが今後タイトルを投入するメインプラットフォームと捉えていることがはっきりしました。そうでなければ、PS4にペルソナ5をいきなり投入してはこないでしょう。

PS3で出しているタイトルが『キャサリン』のみだったことを考えれば、今回はかなり早い段階でPS4タイトルを発売することになります。先を考えればいずれ出るであろう、ペルソナ6まで視野に入っていることも十分考えられます。

 

persona5

▲5の主人公はこの少年でしょうか。4の番長に比べるとやや線が細いイメージです。

 

発売日は2014年 冬から、2015年に伸びてしまいましたが、それほど期間は空かないと予想中。おそらく発売は7月あたりと考えてます。

家庭用ゲーム機がスマホに、という新聞記事はよく見ますが、アトラスがメインタイトルをPS4に投入することで、今まで様子見をしていたユーザーたちも動き始めるはず。

 

【関連記事】【動画あり】『ペルソナ5』映像公開! 見るべきポイントはココだ!【SCEJAプレスカンファレンス】※橋野桂ディレクターのコメントを追記(ファミ通.com)

 

 

2位『鉄拳』チームによるProject Morpheus対応タイトル『サマーレッスン』

 

 

他の有力タイトルを抑えて2位。ちょっと意外な人もいるはず。

選んだ理由は、ゲームの未来を感じさせてくれるものだったからです。コミュニケーションツールとして、まるでそこに女の子がいるような臨場感がある、と体験者のコメントがありました。

今回は1人だけですが、これが複数人、そしてさらに他のプレイヤーとのコミュニケーションが図れるようになったらどうでしょう? なかなか夢が広がりますよね。

 

sao2

sao

小説、アニメで人気を博しているソードアートオンラインは仮想VR装置『ナーヴギア』でゲームの世界に入っていました。さすがに脳波を使ってあのレベルのゲームができるのは50年以上かかりそうですが、その先駆けというか可能性を感じさせてくれるのは確かです。

一般の人でも体験できるように、今回のゲームショウで出展されるようにしたのも非常に良いですね。新しいゲームの可能性を度体験しに行かないと!と思った発表でした。

 

▲VRヘッドマウントディスプレイ『Oculus Rift』と、VRデバイス『Omni』を用いたゲームプレイ画面。もはやここまで時代は来ているのか!と思わざるをえません。

ファミコンから30年で、グラフィックは現実と遜色ないレベルまで到達しました。今後の30年は仮想現実を味わえるような進化をし、30年後はかVRでゲームを遊ぶ、なんてのが当たり前になっていたら、1ゲームユーザーとしてとても幸せです。

そのころ自分はおじいちゃんですが、生きていたなら、年金突っ込んででも買って遊ぶでしょう(*´∀`)

 

 

3位 ドラクエシリーズ新作がソニーハードに帰ってきた!『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』

カンファレンスの最期に出てきた本タイトル。ソニーハードでドラクエが出るのは7以来、約10年ぶりです。

 

ドラゴンクエストヒーローズ-1

動画を見るとわかるように、いわば『ドラクエ無双』です。アクションRPGというジャンルから、何がしらの成長要素やRPG要素があるでしょうが、ナンバリングタイトルとはまったく方向性が違います。

ドラクエのモンスターがどのように表現されるのか?とかちょっと見てみたいところもありますが、ぶっちゃけゲーム自体の内容より『ドラクエシリーズがソニーハードで出る』のが重要です。

WiiU普及台数181万台。PS3は1000万台以上

今年の6月、ドラクエ11を開発中であることを堀井氏自らが語っていました。(ついに明言!「『ドラゴンクエストXI』は大きな画面で」 ― 堀井雄二氏がラジオ番組内で語る(INSIDE))

これによると据え置きであることは確実です。となると、WiiUかPS3か、ということになります。可能性が高いのはWiiUですが、問題なのは累計販売台数。2014年5月の時点で181万台です。

ドラクエのナンバリングとなれば、300万本以上が見込めます。しかしこの累計販売台数では投入するのは厳しいですよね。ドラクエ10のようにオンラインゲーム化し、月額課金で利益を上げる方式ならまだしも、2作連続でナンバリングをネットゲーム化はしないでしょうし。

一方、PS3の累計販売台数は2014年7月時点で1000万台を突破しました。ナンバリングのドラクエを出す土台としては十分すぎる数です。ドラクエ7でPSに移行した光景がもしかしたら再現されるかも…? そんな可能性を感じさせてくれた、ひさびさのソニーハードでのドラクエシリーズ発表でした。

 

 

PS4の国内向けタイトルが揃ってきた印象

PS4は洋ゲーメインの本体、というイメージが強かったですが、今回の発表ではいろいろとPS4タイトルがありましたね。

ge2rageburst dbz

ドラゴンボールやゴッドイーター2レイジバースト、閃乱カグラの新作などなど。PS3やVITAとのマルチも多いですが、PS4で国内向けタイトルがでることで、今まで様子見していたユーザーも、「これが出るなら」と食指を動かすようになってくるでしょう。

海外では調子が良いですが、国内ではまだまだのPS4。今回のタイトル群で来年は普及が加速するでしょう。おそらく値下げも控えてるはず。そのあたりでビッグタイトルを上手く併せられれば、うまく波に乗れると思います。

今回のゲームショウで出展されるタイトルも多いですし、これからの家庭用ゲームがより楽しくなりそうな、そんな予感のするソニーカンファレンスでした(*´∀`)

 

 

【参考になった他サイトのソニーカンファレンスまとめ】

PS4/PS3「ドラゴンクエストヒーローズ 闇龍と世界樹の城」発売決定、他(忍之閻魔帳さん)

ドラクエ、ペルソナ5、バイオ、みんGOL、ゴッドイーター、イ―ス新作等PS4関連の発表が続々!一方PSVITAは…。SCEJA プレスカンファレンス 2014情報まとめ(M☆G☆M+etc...~Kent Game World~さん)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-雑記
-, ,

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.