おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

任天堂はスマホに走るのか? 気になる明日の「経営方針説明会」。

      2014/01/29

苦境に立たされている任天堂

3DSは順当なものの、WiiUが国内、海外ともに大苦戦中の任天堂。3期連続で赤字となっています。その状態で開かれる明日の経営方針説明会では、スマホ向けの施策が発表されるのではという記事が日経に載っていました。

任天堂、スマホ積極活用 無料ミニゲームで新規顧客掘り起こし

近年、日経の記事は予想に基づいたいわゆる『飛ばし』が目立つようになってきているので、この記事内容を鵜呑みにするわけにはいきません。なのでスマホ向けにスーパーマリオが!みたいな発表は無いと個人的には予想中です。

ただスマホ、タブレットを使った自社ソフトのアピールなどはやってくるでしょう。無料アプリ的なもので体験的に遊ばせる、なんてのもあるかもしれません。

■据え置きはコア層に特化しつつある

発売まで1ヶ月をきったPS4はゲームのラインナップを見てもゲーマー層への訴求力が強いハードになっています。お店の状況的にも据え置きゲームを遊ぶライトなゲーマーの層は減っている印象もあり、方向性的には間違っていないと考えてます。

逆に任天堂は据え置きであるWiiUはライトユーザー向けのハードになっています。しかし現状、ソフトが揃っていない中でWiiUを買う理由はかなり少ないと言わざるを得ません。個人的には『レゴアンダーカバー』や『レイマン レジェンド』など欲しいゲームがあったりしますが、これらのゲームを一般の人が買うとは思えません。知る機会もないでしょうし…。

今年はマリオカートやスマブラが投入されるようですが、3DSと同時発売になったとき、多くの人は3DS版を買うと思うんですよね。据え置きよりも手軽に遊べる携帯機で、という人はかなりの割合にのぼるでしょう。

焦点:構造転換迫られる任天堂、「据え置き」「携帯」の統合モデル構築へ

■任天堂の今後の方針となる発表に注目

そんなわけで今回の経営方針説明会は要チェックです。ファミコン時代からTVゲームというものを創りあげてきた任天堂が、現在の苦境に対してどういった戦略に舵を切るのか? そのあたりを考えながら見るとより興味深くなるでしょう。

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - 雑記