ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

雑記

【TGS2015】東京ゲームショウ2015 レポート!

投稿日:

ビジネスデー2日間連続参加

幕張メッセで毎年開かれるゲームの祭典『東京ゲームショウ』

20150921-TGS2015071

20150921-TGS2015105

仕事柄、毎年ビジネスデーに行ってまして、今年も行ってきました!

 

20150921-TGS2015001

1日目の天気はあいにくの雨。肌寒いぐらいの天気で、羽織るものがないとキツいぐらい。

 

20150921-TGS2015004 20150921-TGS2015007

そして9時過ぎぐらいだったので、まだ通路もガラガラー! 開場前は多少人がいましたが、いつもに比べるとかなり余裕のある感じでした。

 

VR試遊が大人気だったソニーブース

20150921-TGS2015021

最初に向かったのは『PlayStation VR』

PS4対応のVRHMD(バーチャルリアリティヘッドマウントディスプレイ)です。

 

20150921-TGS2015008

20150921-TGS2015136

去年、サマーレッスンは体験済みだったのですが、今回はそれよりも改良されていたため、これは絶対体験しないと…!と思ったのですが

 

まさかの会場10分で締切…! これはちょっと予想外。

プレスの取材優先だったこともあり、一般向けはかなり待たされるようでした。去年はプレスのみの取材だったため、今年は一般向けにかなり遊べるようになっていることを期待したのですが、試遊台の数や試遊自体に時間がかかることもあり、あまり改善されてはいませんでした。

ちなみに2日目になんとか遊べたのですが、JOYSOUNDVRという試遊に。実写でカラオケみたいなヤツだったのですが、ちょっと進化したVRの体験とは違った感じでした…。

 

20150921-TGS2015137

VR以外のタイトルで試遊したのは…

 

20150921-TGS2015147

『GRAVITY DAZE』!

VITA版は当時完成度の面でずば抜けていたこともあり、今回PS4になったことでどんなパワーアップをしているか楽しみにしていたんですが…

すごすぎる!

グラフィック強化によりヌルヌル動くので、視点をグリグリ動かしても空間把握がしやすくなってます。ゲーム的に360度いろんな方向を見ることになるので、これだけでも買い決定。HD化により、大きな液晶TVで遊ぶことでより大きな迫力を感じられるようになりました。

VITAが出てすぐに発売したタイトルなので、まだまだ知らない人も多いはず。お店でもしっかりプッシュしたい1本ですね。

 

20150921-TGS2015027

試遊待ち時間もVRを除けばおそらく一番長かったと思われます。1日目はそうそうに試遊受付を終了していました。

 

20150921-TGS2015129

他には実物大の『人喰いの大鷲トリコ』が人目を集めていましたね。AIでリアルタイムに動くというものです。

また、近くにシアターがありましたん。以前の映像+αのものでで、建物内でのトリコの動きなどを確認することができました。おそらく来年のゲームショウでは試遊ができることでしょう!

 

家庭用タイトルに注力しているセガブース

お次はセガブース!

20150921-TGS2015014

20150921-TGS2015012

1日目、2日目合わせて3回も遊んだのが『オーディンスフィア レイヴスラシル』

PS2版のリメイクではありますが、ほぼ別ゲーと言える出来でした。グラフィック、シナリオは良かったものの、アクションゲームとして難点があったPS2版の欠点を完全に払拭しています。

高速化やスキルの追加など、アクションゲームとして動かしてて気持ちいい風にしっかり進化させてありました。朧村正やドラゴンズクラウンで培ったノウハウを投入したことで、ほぼ完璧なゲームとして生まれ変わっていますね。

 

20150921-TGS2015011

ペルソナ5は2016年夏になっちゃいましたが、本作があるの寂しさが紛らわせる、というか普通にメインタイトルとしてガンガン遊んじゃいそうです(*´∀`)

 

20150921-TGS2015013

あとは恒例の龍が如くシアター。

今回はいつもとは趣向が違って、名越監督へのインタビュー映像をメインに構成されていました。毎年コンスタントにシリーズやスピンオフを手がけているのは本当にすごいです。

『龍が如く極』は初代のリメイク+αのパワーアップが図られているので、シリーズに手を出したくても出せなかった人は今回のタイミングは逃さないようにしたいですね。

 

20150921-TGS2015049

他のセガ流通タイトルも多数試遊や映像出展されてました。家庭用タイトルの充実度はかなり高いと感じます。コンシューマへのこだわりを感じさせてくれたセガブースでした!

 

試遊は少なめのスクウェア・エニックスブース

20150921-TGS2015015

スクエニブースでは、試遊タイトルはそれほど多くなく、映像がメインだった印象ですね。

20150921-TGS2015016 20150921-TGS2015018

20150921-TGS2015032

ドラクエビルダーズ、FF14、スターオーシャン5がメインとしてブースが構成されてました。家庭用に力を入れているのは伝わってきたので、FF15やキングダムハーツ3が来年のゲームショウで遊べることに期待です!

 

モンハンクロスが大きく展開されたカプコンブース

20150921-TGS2015037

カプコンブースは『モンスターハンタークロス』がドーンと展開。整理券を配付していることもあり、券さえもらっておけばそれほど待たずに遊べました(シングルプレイの場合)。

 

20150921-TGS2015038

20150921-TGS2015042

 

 

『モンスターハンターストーリーズ』『逆転裁判6』の試遊も。カプコンは毎年、家庭用ゲーム機のタイトルをしっかり出展してくれているのは個人的に好印象。スマホゲームの台頭もありますが、やっぱり家庭用タイトルが多いとテンション上がりますね。

逆転裁判6はビジネスデーでも試遊が60分待ちと、かなりの人気を誇っていました。

 

若干寂しさを感じるコナミブース

20150921-TGS2015053

コナミブースはメインでこれ!という家庭用タイトルのアピールは目立っておらず、スマホゲームなどと同列の規模感でウイイレ2016が展示。会社としてモバイルに注力する、という姿勢がより明確になっていました。

20150921-TGS2015123 20150921-TGS2015055

スマホ系のブースもあったのですが、客付きはいまひとつ。来年はよりスマホ系のブース一色となりそうです。

 

20150921-TGS2015124

 

 

一角にあったコナミ流通であり、発売が迫った『東亰ザナドゥ』のブース。

試遊台が16台でプレイが可能になってました。個人的にもどんな出来かなーと思って遊んでみましたが、思ったより歯ごたえがありましたね。

キャラによって攻撃方法や属性が異なるため、雑魚敵やボス戦でしっかり切り替えていく必要があります。難易度ノーマルでもけっこうボスで苦戦したので、アクションに自信がない人はイージーで遊ぶのがいいでしょう。

 

コーエーテクモブース

20150921-TGS2015060

なにやら巨大な顔が鎮座しているコーエーテクモブース。あれは…

 

20150921-TGS2015062

2016年発売予定の『進撃の巨人』!

超大型巨人の顔がブース内に作られていました。

 

20150921-TGS2015063 20150921-TGS2015065

 

企画で頭を使っていましたね。自分の顔が超大型巨人になる、というものです。これは自分がやってみたくなりますし、ツイートする仕組みもしっかり。

イベントでは初公開となるプレイ動画もお披露目。立体機動装置の表現がまさにこれ!といった感じの気持ちよさ。ここからさらにゲームとして進化させていくので、どんな仕上がりになるかとても楽しみ!

 

20150921-TGS2015069

三國志13の発売に合わせて、三國志の歴代パッケージ絵や昔の三國志がプレイできるちょっとしたブースも。

20150921-TGS2015066 20150921-TGS2015068

来年は進撃の巨人のプレイアブルが出たりするのかなーと。硬派なイメージの強いコーエーテクモですが、進撃の巨人の企画はそんなイメージを覆してくれる面白さでした!

 

手堅いシリーズ作で固めたバンダイナムコブース

20150921-TGS2015159

実物大シャアザクの頭部! ファーストガンダム世代としてはテンションの上がるブースです。

 

20150921-TGS2015072

『機動戦士ガンダムエクストリームvsフォース』『ゴッドイーター リザレクション』『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』『ナルティメットストーム4』『プロジェクトクロスゾーン2』など、シリーズもので構成しているのが特徴。手堅い印象ですね。

 

20150921-TGS2015100

ジョジョは3Dフィールドでの戦いが楽しめるようになったのがいいですね。実質2D格闘だった前作に比べると、ジョジョ向きのゲームシステムです。ただ、前作の件があるだけにユーザーの買い控えはかなりのものになりそう…。

 

全体としてガンダムやゴッドイーターリザレクションなど続編作品が目立ちました。版権を活かすためにはオリジナルよりもこういったシリーズ作のほうが作りやすく計算しやすいのでしょう。

個人的にはオリジナルにも挑戦してほしいところなので、規模は小さくてもオリジナルタイトルを1タイトルは盛り込んでみるのも良いかなと。

 

スマホ系ブースも多々

数年前から目立ちつつありましたが、今年はスマホゲーム系のブースがかなり大きくなっていましたね。

 

20150921-TGS2015160

中でもスゴイと思ったのが『グランブルーファンタジー』のブース。映像ブースの隣に…

 

20150921-TGS2015138

船が…!

しかもこれ

20150921-TGS2015139

乗れるみたいです。

ブースの作りとしてはかなり目立ちますね。お金もかなりかかってるはず。

 

20150921-TGS2015095 20150921-TGS2015094

他のスマホゲーム系ブースもかなり大きく作られており、時代の流れを感じさせました。スマホゲームも開発費や規模が大きくなっているため、今の若い世代にとっては家庭用よりスマホゲームのほうが『TVゲーム』なのかもしれません。

 

20150921-TGS2015093  20150921-TGS2015050

動画配信系ブースも多くなってますね。ニコ生でのリアルタイム配信は各メーカー当たり前のように行われており、これも時代の流れを反映していると言えるでしょう。

 

超ビッグタイトルは無く、中堅タイトルを中心に構成されていた印象

今年のゲームショウは全体的に雌伏の年という感じ。

超ビッグタイトルが無いことからそういった印象を受けるのかもしれません。

20150921-TGS2015151 20150921-TGS2015154 20150921-TGS2015155

 

 

ただ、見方を変えるとシリーズ作の続編が多かったり、既存のゲームユーザーが楽しめるタイトルが多いことも事実。PS4向けのゲームも充実の一言であり、値下げも含め今年も来年もPS4本体がより売れていくでしょう。

その分、来年の出展タイトルは恐ろしいことになりそう…今から期待しまくっちゃいますね。

 

ちなみにビジネスデー2日間(2日目はお休みとって自主的に参加)行ってきましたが、2日間だとじっくり回れていいですね。1日目では見きれなかったタイトルを観ることもできました。

毎年参加して思うのは、実際に各タイトルを試遊できるのもいいですし、他に参加している人の様子を含め、生で空気を感じられるのは素晴らしいです。来年も2日間参加しようと思います!(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-雑記
-, , ,

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.