ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲームミュージック

【サントラレビュー No.046】『カオスコード オリジナルサウンドトラック』。Eleganzaの他にも良曲が目白押し!

更新日:

『Eleganza』1曲に惚れ込んで購入

以前の記事で1日中聴いても飽きない良曲『Eleganza』を発見したと書きました。あれからもずーっと聴いてるのですが、やっぱり惚れ度合いがまったく下がらない…!

というわけで、サントラをポチッと買っちゃいましたー

 

chaoscode-soundtrack-004

ジャケット表面です。ゲームのメインイラストと同じですね。収録曲は全36曲。ステージ曲以外の曲もほぼ網羅しています。

 

chaoscode-soundtrack-005

1曲のために買いましたが、評判を調べてみると全体的にかなり高評価。楽しみにして聴いてみたところ…かなりいいじゃないですか!

 

■テクノやトランス調の曲をメインに構成

音楽ジャンルでこの2つが好きならまずドンピシャで気に入るでしょう。個人的には『旋光の輪舞』と似た方向性のゲームミュージックだと感じます。暗めの『Dark Journey』、しっとりしたピアノがおしゃれな『Bit Stock』、なぜかゴシック少女がイメージされる『Sonata For Celia』はかなり良いですね。『Sonata For Celia』は『Eleganza』の次に好きな曲となりました(*´∀`)

『Rage Of Ages』も重厚感とオルガンの音色がドラキュラ的ですし、コナミサウンドが好きな人に刺さる曲が多いかも?

 

作曲者(Music Composer)は5人。しかし全体として方向性がテクノ&トランス系でまとめられているので統一感はバッチリですね。

chaoscode-soundtrack-002

ちなみにnekono=onokenさんです(*´∀`)

 

chaoscode-soundtrack-001

ライナーノーツで各曲の作曲担当が確認できます。Mintjamは音楽制作集団としてリトバスのキャラソンCDなどの作曲など、国内で活躍していますね。そしてonokenさんを除いた他のお三方は台湾の方でしょうか。音楽のクオリティはすこぶる高いです。これから注目していきたいです。

■『Eleganza』が高音質で聴ける!

そしてなんといってもこの曲のために購入しただけあり『Eleganza』が高音質で聴けたのには超感動!

収録時間はサントラの中で最長の7分27秒! 3ループ以上入ってる長さです。出だしのストリングスからクリアな音が聴こえてきて、ネット上の曲とはやはり音質が違うなーと感じます。

やっぱ惚れ込んだ曲が手元で繰り返し、高音質で聴けるのはたまらなく幸せです(*´∀`)

ネット上に落ちている曲は著作権的にはアウトなのですが、個人的にそこで良い曲があったらサントラを買ってしまう派(より良い音質で聴きたいので)です。公式がyoutubeにお試し視聴できるようにしてみる、とかの施策があれば嬉しいですね。

 

chaoscode-soundtrack-003

▲なぜかライナーノーツの中心に陣取るクティーラ。ゲームはまったく遊んだことがないですが、曲が気に入ったせいかこのキャラもお気に入りになっています(*´∀`)

 

chaoscode-soundtrack-007

▲ライナーノーツには簡素ながらコメントが。

 

■テクノメインの良曲ゲームサントラとして手元に置いておきたい1枚。Eleganzaに惚れたなら買い。

『Eleganza』1曲のために買った本サントラでしたが、思いのほか良曲が多かったです。その意味で思わぬ掘り出し物だったと言えます。テクノ、トランス調のゲーム音楽が好きなら、まず間違いない1枚でしょう。

もちろん、おしょ~のように『Eleganza』1曲のために買っても満足できます。惚れ込んだ曲が1曲でもあるなら、そのサントラは買いだと考えてます。

だって名曲は何年たっても飽きません。それこそ、一生ものになることだって考えられます。おしょ~はもう30年以上、ゲームともゲーム音楽とも、付き合ってきてます。そしてまったく飽きません!

だからおじいちゃんになったとき、押し入れからこのCDを引っ張り出して『Eleganza』を聴いて「やっぱ良いよなぁ…!」と声に出して言えるときがきたら素敵かなぁと。そのためにもやっぱりCDは手元に残しておきたいんですよね。

ゲームサントラはペルソナのような売れ線以外、販売され続けることは基本的に少ないので、欲しいと思ったときが買いですね。ゲーム音楽好きで、テクノ系に拒否反応がなければオススメの1枚です(*´∀`)

 

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲームミュージック
-,

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.