おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【サントラレビュー No.020】『ソーマブリンガー オリジナルサウンドトラック』。全曲2ループ収録の大満足仕様。

      2015/06/26

昨日は実家にいってご飯を食べてきました。その際、大量にあるゲームサントラのうち9枚ほど見繕って持ってきました。


▲ドン!

最近は会社で聴くサントラが同じラインナップばかりになってきちゃってました。

なのでちょっと新しい風を入れようということでメジャーなヤツからマイナーな作品のものまでザッと集めてきました。今日はそのうちの1枚を聴きながらご紹介しますね(*´∀`)

ソーマブリンガー オリジナルサウンドトラック
(※画像は初回生産版)

クロノトリガー、クロノクロス、ゼノギアスなどで有名な作曲家、光田康典さんが全曲を担当したDSのアクションRPG『ソーマブリンガー』のサントラです。

サントラでは珍しく3枚組という大ボリューム!ただ、1枚あたりの曲数はそれほど多くありません。

こちらがジャケット裏面。大体普通のゲームサントラの場合、CD1枚に20曲前後は入っていることが多いです。

ゲームミュージックは普通のボーカル曲と比べ、1曲あたりの長さが短いので必然的にCDに収録される曲数は多くなります。

しかし、本サントラの場合は1曲が3分前後のものが多く、中には5分近いものもあったりします。

その理由は何か?

答えは全曲2ループ収録なんですね。

普通、ゲームのサントラは1ループ(最初から最後までを流してフェードアウト)
がメインです。

しかし、本サントラは全59曲がすべて2ループ仕様。そのため曲数に比べ、CDの枚数が多くなっているんですね。

これ、個人的にすごく嬉しい仕様です。『世界樹の迷宮』のサントラシリーズもすべて2ループ仕様です。

2ループだとその曲をしっかりじっくり聴くことができるので印象にも残りやすいです。また、好きな曲の場合はより多くの時間耳を楽しませてくれるのですごくありがたい仕様です。

さて、そんなありがたい仕様の本サントラですが曲調的にはいろんな国の民族音楽というか情緒あふれるメロディが多いです。

ゲームはいろんな国や場所を旅することになるんですがそれぞれに合った曲が用意されてますね。

3枚を通しで聴くと3時間近くになりますが透きとおった旋律が多いためかぜんぜん耳が疲れず聴きやすいです(*´∀`)

その中でもおしょ~がイチオシなのが3曲目の『-Ring-』

これ、ゲームの予約特典でついてきたサントラCDにも収録されていたんですが、それを聴いたときの衝撃ったら無かったです。

圧倒的な透明度のメロディ&ボーカルが素晴らしく、1分ぐらいの長さしかないにもかかわらず一度聴いたら忘れないインパクトがあります。

『ソーマブリンガー プレミアムサウンドトラック』
ゲームで使われた曲のうち、5曲が収録されています。

このCDだけにしか入っていない曲もないので価値的にはほとんどありません。ただ、『-Ring-』を聴いたことでサントラが出たら買おう! と決意したこともあり、おしょ~にとって思い出深い1枚だったりします。


裏面。最近は紙ジャケットの特典CDが多くなりましたが
昔ながらのプラスチックケースでの特典も
個人的にはいいかなと思ってます。
ちょうどCDの大きさなので、しまうときにも便利ですし(*´∀`)

ちなみに『-Ring-』を初めとした本サントラの曲がいくつか光田氏が立ち上げたレーベル『スレイベルズ』のサイトで試聴することができます。

クロノクロスやゼノギアスなどの曲が好きな人にはまず好みに合うはず。

また、全体を通して聴きやすいので耳が疲れないゲームサントラとして作業用にいいかもしれません(*´∀`)

基本的には自分が遊んだゲームのサントラを買うのが一番ですが、ちょっと遊んだことがないサントラにも評価がよいなら手を出してみようかなー、という場合にもけっこう良いと思います。

【関連記事】
・『風ノ旅ビト』のサウンドトラックが届きました。 開発元のページから購入可能!
・伊藤賢治氏の才能をトコトン感じられる1枚(カルドセプトセカンド オリジナルサントラDELUXE)
・棺桶に入れて欲しい1枚。ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - ゲームミュージック