おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【サントラレビュー No.034】『Re:Birth-閃- サガ バトル アレンジ』。下水道からバトル#5まで、捨て曲一切無し

      2015/06/26

伊藤賢治氏が手がけた楽曲群。それを氏自らが新たなアレンジを施して送りだしているRe:Birthシリーズ。

その3枚目となる『Re:Birth-閃- サガ バトル アレンジ』が発売されました。

20140314-romancingsaga-rebirth-sen001

20140314-romancingsaga-rebirth-sen002

ジャケットは小林智美さんの描きおろし! やっぱりこの絵はサガシリーズに合うなぁ…と心から思います。

■ゲームボーイのSaGa2からバトル曲が収録

20140314-romancingsaga-rebirth-sen006

収録曲は全部で10曲。個人的に嬉しかったのが、ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説』からバトル曲2曲が収録されていたことです(必殺の一撃~死闘の果てに メドレー)。

サガシリーズはスーパーファミコンのロマンシング・サガが有名ですが、ゲームボーイ時代の楽曲もかなり良いモノが揃っているんですよね。その中でも一番のお気に入りといってもよい『死闘の果てに』が入っているのは超うれしかったです(*´∀`)

20140314-romancingsaga-rebirth-sen003

疾走感にあふれたアレンジになっており、アルバムの1曲目としては最高です。

そして3曲目にはとうとう待望のあの曲が!

■『下水道』が満を持しての収録

ニコニコ動画で、”抱かれたい下水道”、”世界一かっこ良い下水道”というタグが付くほどファンに愛されている曲『下水道』。

ロマサガ1の下水道で流れる曲なのですが、下水道のイメージとはかけ離れた広がりのある印象的なメロディラインを誇っており、そのせい(?)でファンにとっては愛すべき楽曲の1つです。

前回行われたライブで伊藤さんが次回アルバムに収録してほしい曲をたずねたところ、下水道!という声が多かったとのこと。そのため、今回のアルバムに収録されたんですね。

原曲のイメージを残しつつ、初めて聴いた人でも耳に残るアレンジになっています。バトル曲のような激しさや疾走感を求める人には物足りないかもしれませんが、それだけに個人的には上手くアレンジしたなーと感心しました。

■サガフロンティアからバトル#5も!

前回のリバース2はロマサガ1~3、そしてミンストレルソングの4タイトルの楽曲のみでしたが、今回の閃ではゲームボーイのSagaに加え、サガフロンティア1からも3曲収録されています。

20140314-romancingsaga-rebirth-sen005

そしてサガフロ1では一番の名曲と個人的に思っていた『バトル#5』が! 出だし1秒も経たないうちから一気にテンションMAXまで持っていくギターとドラムの絡み、そして0:19から始まるスピードにあふれたリズムは本アルバムで間違いなくNo.1の仕上がり。この曲のためだけに買っても良い、そのぐらい価値のあるアレンジでした。いやー素晴らしい!

■激しさ、スピード感は前作以上。サガの真骨頂をひしひし感じられる1枚

リバース2ではまさかのジャズアレンジだった七英雄も、今回はしっかりとしたバトルアレンジに仕上がっており、これぞファンが待ち望んでいたものでしょう。全体としての仕上がりは間違いなくシリーズでNo.1です。

収録曲のどれか1つでも思い入れのある曲がある人なら買って損はありません!

ちなみに次回アルバムの制作も決定しているそうです。おそらくライブで話しのあったピアノアレンジ的なアルバムになるのかなーと予想しています。有名なオープニングテーマはピアノがしっくりきますからね。

発売から25年たっても愛されるサガシリーズ。ゲームとしての面白さもさることながら、イトケンサウンドも大きな魅力の1つなんだなぁと心から実感できる素敵な1枚です(*´∀`)

【関連記事】
・ロマサガライブにアラフォー野郎1人で行ってきた!【ゲーム音楽ライブ】
・ゲーム音楽ライブが初めての人もこれを見ておけば安心! 初心者が語る事前にやっておくと良いこと&ライブ中の心構え

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - ゲームミュージック