ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲームミュージック

ペルソナ5 オリジナルサウンドトラック「完璧、にして鉄板。最高のゲームサントラ」【ゲームサントラ千夜一夜 -第121夜-】

投稿日:

待ちに待ったペルソナ5のサントラ

ナンバリングとして8年ぶりの登場、9月に発売したペルソナ5。

そのためユーザーが期待するハードルはかなり高かった中、そのハードルを軽々と超えた素晴らしい内容でした。

シナリオやシステム面はもちろん、音楽の出来もすこぶる良かったため「早くサントラ欲しい!」と思っていましたが…とうとう発売しました!

 

20170117 ペルソナ5 OST001

ペルソナ5 オリジナルサウンドトラック

ペルソナシリーズの作曲といえばおなじみの目黒将司さんを筆頭に、小西利樹さん、土屋憲一さん、喜多條敦志さん、小塚良太さんが作曲、編曲を担当。アトラスの音楽面を支えるベテランから若手まで顔を揃えていますね。

 

20170117 ペルソナ5 OST008

ライナーノーツに記された各人の担当曲。誰がどの曲を作曲したのかわかるのはとてもありがたいですね。

 

20170117 ペルソナ5 OST002 20170117 ペルソナ5 OST003

サントラには外箱も付属。キャラクターデザインの副島さんが描き下ろしたイラストがとってもいい感じ!

 

20170117 ペルソナ5 OST004

20170117 ペルソナ5 OST006

3枚のディスクはすべてカラーピクチャーディスク。主人公、パレス進入時の姿、そして初期ペルソナのアルセーヌが描かれています。ビジュアルに力が入っていたペルソナ5、サントラも抜かりないですね。

では、中身のレビューに行きましょう!

 

3枚組、全110曲の大ボリューム

20170117 ペルソナ5 OST012

ペルソナ5はクリアまで100時間弱かかる大作RPGです。そのため収録曲もゲームボリュームに見合った数となってます。

その数、3枚組で全110曲! ペルソナ4が52曲だったので、4対比で倍以上の楽曲が収録されています。

デジタルデビルサーガの完全版サントラの4枚組136曲には及ばないものの、アトラス製ゲームの中ではトップクラスに曲が多いです。これだけ曲が多い中、聴けばどの場面で使われたかパッと頭に思い浮かぶのはさすが。それだけ濃い体験をさせてくれた証拠ですね。

 

個人的なオススメ曲をいくつかピックアップ! まずはボーカル曲から。

 

20170117 ペルソナ5 OST014

『Wake UP, Get Up, Get Out There』

言わずと知れたオープニングの曲

ゲームでは一分半でしたが、サントラではフルバージョンが収録! それだけでも満足なんですが、サントラ収録版はハイレゾ音源をソースに使っているとのこと。これ、そのうちハイレゾVerのサントラも出るんじゃないかな?

また、ディスク3には本曲のインストバージョンも収録。そこでは目黒さんのギターが存分に堪能できます。目黒さんのギターは

 

P5-2

『Life Will Change』

予告状を出したあとにパレスで流れる曲。

これは個人的にペルソナ5で一番のお気に入りです。侵入した瞬間から流れるのがもうたまりません。ゲーム内で耳にするとめっちゃテンション上がりました。いつまでも聴いていたい名曲です。Lynさんのソウルフルなボーカルがまた素晴らしい…!

ペルソナ5をプレイしてた時期は仕事面で忙しく、かなり心身が疲労していました。ただこの曲を聴くと元気が湧き、頑張ることができました。ポジティブなパワー満載なので日々の生活に元気が欲しい人にも強くオススメです。

 

P5-1

『Last Surprise』

ゲーム内で耳にする事の多い、通常戦闘曲。

ペルソナ4のアップテンポでPOPな感じとはまた違い、お洒落な雰囲気が漂う1曲。これもかなり好きですね。いつ聴いても飽きないし、落ち着いていながら盛り上がるところは盛り上がる。いろいろな顔を見せてくれるのもGOOD!

 

お次はインスト曲です!

 

20170117 ペルソナ5 OST013

『My Homie』

日常のおどけた場面でかかる曲。

こういった普段のなにげないシーンで流れる曲って、作るのがけっこう難しいと思います。主張しすぎてもいけないし、かといって無味乾燥でもダメ。

その点、本曲はいい感じで肩の力が抜けたメロディに仕上がっています。こういった曲が作れるのも目黒さんの才能ですね。そしてAメロにプッシュホンの音が使われていることをライナーノーツで知りました。いろんなところから音色を拾ってくるんですね。

 

20170117 ペルソナ5 OST016

『Alleycat』

悲しいシーンでよく使われている渋い1曲。

ライナーノーツに書いてあるとおり、『太陽にほえろ』みたいな刑事ドラマの泣き場面で使われそうな雰囲気があります。

ペルソナ5の中でも渋さでは1,2を争うんじゃないかな?と個人的には思います。ゲーム内の泣かせの場面で使われるのも渋さが際立つ要因かなと。

個人的にルブランで流れるイメージが強いんですよね。おそらくそんなことないと思うんですが、双葉とのエピソードがそう思わせるのかも。

 

20170117 ペルソナ5 OST016

『方舟』

後半のパレスで流れる曲。

すごく目黒さんっぽいメロディかつギターの使い方がされている曲で、ペルソナ3で流れてもおかしくないように感じます。物語も終盤にさしかかるあたりで、重厚感や緊張感がしっかり表現されたいい曲ですね。

 

ボーカル曲の歌詞&全曲解説つき。大充実のライナーノーツ

曲数に負けず劣らず、ライナーノーツも充実しています。

20170117 ペルソナ5 OST009

20170117 ペルソナ5 OST009

ボーカル曲の歌詞はバッチリ掲載!

 

20170117 ペルソナ5 OST011

加えて110曲の全曲解説も載っているという完璧さ。 曲解説だけで10ページの長さにわたってます。解説で初めて知るエピソードや曲作りのポイントも語られていて、ペルソナ5を音楽面から深く知ることができる素晴らしいライナーノーツです。

コメントもやっつけではなくいろいろな逸話を交えて語られているのでそのあたりも個人的にポイント高し。買ってよかった!という満足感はゲームサントラの中でも最高ですね。

 

ゲームサントラの枠を超えた

ペルソナ3や4のサントラも大傑作でしたが本サントラはさらに完成度が増している印象です。

アシッドジャズという今世代にはそれほど馴染みがないジャンルを1つの軸にしつつ、ボーカル担当のLynさんを抜擢したセンス、今まで培ってきたギターサウンドを全面に出した戦闘曲、絶妙なバランスの日常曲など、非の打ち所がありません。

 

20170117 ペルソナ5 OST007

アトラスのサウンドチーム総出で生み出されただけありますね。

ペルソナ4のサントラはゲームサントラとしては異例の5万枚を超える売上を叩き出しました。本サントラはその上を行くんじゃないかと個人的には予想しています。

オリコンでデイリーランキング1位を取ったというニュースもあり、これからどこまで売れるのか。ゲームサントラという枠を超え、一般層にも浸透するんじゃないかと。

2017年の個人的ゲームサントラランキングでおそらく1位を取りそうな予感。掛け値無しで名盤なので未入手の人はぜひ手に入れてガンガンにリピートして聴いてほしい珠玉の1枚です!

 

【アトラスゲームサントラ関連記事】
【サントラレビュー No.078】『ペルソナ4 オリジナルサウンドトラック』。所持して聴く喜びが圧倒的!

【サントラレビュー No.065】『デジタルデビルサーガ~アバタールチューナー~1&2 オリジナルサウンドトラック 完全体』

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲームミュージック
-

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.