ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

ゲームミュージック

【サントラレビュー No.028】『soundtrack from "RUNABOUT"』。短いながらキレが鋭い1枚。

更新日:

ベンチャーズって知ってます?

すごーく昔、日本でエレキギターブームが起こったことがありました。その理由がアメリカのインストバンド、ベンチャーズ。名前は知らなくても

♪テケテケテケテケテケテケテケテケ…

っていうエレキの音をどこかで聞いたことがあるんじゃないかなー。アメリカのバンドながら、精力的な活動で日本で勲章を受賞するなど、日本の音楽界に与えた影響が大きいです。
20131217-runabout-soundtrack001
そのベンチャーズを思いさせるサウンドで逆にアメリカで確固たる人気があるのが『ザ・サーフコースターズ』。このバンドが手がけた初のゲームサウンドが収録されているのが本アルバムなのです。

■7曲収録29分。短くキレが良いアルバム。

20131217-runabout-soundtrack003

普通、サントラの長さはだいたい1時間ぐらいはあるものなんですが、これは収録曲を全部合わせても29分。とっても短いです。ただ、短いゆえにスッキリとまとまっているんですね。

曲目
1.Theme from "RUNABOUT"
2.THE WINNER
3.START INACTION
4.SPACE CRICKETS
5.BIG BUZZ
6.DOLPHINS'97
7.ENDLESS BRIGHTNESS

なんといってもノリの良い数々の楽曲が魅力的! それぞれの曲の長さが最低でも3分以上あるため満足度も非常に高いです。

ゲームサウンドでギターが全面に出てるものといえば格闘ゲームの『ギルティギア』シリーズが有名です。おしょ~も過去にアルバムを紹介しています。ああいうハードロック系がゲーム音楽ではメインですが、これはまたちょっと違うところが逆に刺さりますね(*´∀`)

■デザインも抜かりなし

20131217-runabout-soundtrack004
黄色を基調としたアルバム全体のデザインはゲームサントラとは思えないお洒落で近未来的な雰囲気。ザ・サーフコースターズのアルバムとしても位置づけられているため、デザインにも妥協はありません。
20131217-runabout-soundtrack005
ジャケットを含め、曲に対してのコメントは一切無し。普通は作曲者のコメントが欲しいなーと感じるところですが、本アルバムはこれがいいと自然に思えます。ゲーム自体はなんでもありのレースゲームのため、シンプルにまとまっているこの形がピッタリ合うのかも。

1997年発売なのでもう廃盤になっていますがネット通販系では安く買えます。ベンチャーズなんて知らねぇよ! サーフコースターズなんてもっと知らねぇよ! なんてアナタ。ゲーム音楽に対して食欲旺盛なら、ぜひこのキレの良い1枚に手を出してみることをオススメします(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-ゲームミュージック
-

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.