おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【サントラレビュー No.082】『ケツイ 絆地獄たち アレンジアルバム』。豪華な面々でアレンジされた、良い意味でカオスな1枚

      2015/07/27

作曲家12人がそれぞれ1曲ずつをアレンジ

株式会社ケイブが制作したシューティングゲーム(以下STG)『ケツイ~絆地獄たち~』

ketui ketui2

弾幕シューティングを作り上げ、難易度の高さでも知られるケイブ製STGの中でもケツイは最高級の難しさ。打ち返し弾が非常に激しい、敵弾の軌道変化、などなど初心者お断りな感じの仕上がりです。STGの面白さに目覚めたおしょ~も、ケツイはちょっとムリだなーと感じています。

 

ただ、音楽はかなり前にサントラを手に入れていたこともあり、ずっと聴いていました。そんな中、新しいケツイのサントラを手に入れたので紹介します。

 

20150727-Ketsui Arrange OST001

ケツイ~絆地獄たち~ アレンジアルバム

収録曲は全12曲。原曲と比較するとゲームオーバーの曲以外すべて収録されています。ゲームオーバーのやつは6秒なので、ほぼ完全なアレンジ版と言えるでしょう。

さて、本アルバムのすごいところは…アレンジャーの面子!

20150727-Ketsui Arrange OST002

なるけみちこさん(ワイルドアームズシリーズ)、渡部恭久さん(旋光の輪舞シリーズ)、37才の若さで亡くなった梅本竜さん(YU-NO、EVE burst errorなど)などそうそうたるメンバーが顔を連ねています。

普通、アレンジアルバムだと1人か多くても数人が担当するため、全体を通して統一がとれた1枚に仕上がります。ただ本アルバムは良い意味で統一感のない、カオスに満ちたアレンジサントラになっています。

 

各人の個性を思いっきり出したアレンジ

12人のアレンジャーの方々はそれぞれ知られている人たち。本アルバムにも個性が思いっきり現れています。

20150727-Ketsui Arrange OST003

1曲め『DOOMSDAY』、なるけみちこさんのアレンジは口笛こそないものの、勇壮さをひしひしと感じられる大胆な曲に生まれ変わってます。ワイルドアームズファンであれば曲の中に共通点を見出すことができるでしょう。

渡部恭久さんが手がけた2曲め『INTERCEPTION – 喧騒の街』は原曲がかなりの良曲のため、どういったアレンジにするのか楽しみでしたが…いやー渡部さんらしい透明感のある仕上がり! 『旋光の輪舞』のBGMが大好きでサントラをすべて買ったおしょ~としてはたまらなかったです(*´∀`)

 

20150727-Ketsui Arrange OST004

17秒の原曲を3分超えのアレンジ曲として仕上げた梅本竜さんの手腕も見事ですし、エンディング曲『LAST WORDS』をしっかりとしたロックに生まれ変わらせた岩垂徳行さん(スマブラX,スマブラ3DSなど)も素晴らしいですね。

原曲とはけっこう違ったイメージでアレンジされている曲が多いので、原曲至上主義だとそのあたりは気になるかも。

ただ、個人的には各アレンジャーの個性と腕前の高さのおかげでぜんぜん気にならず、アレンジ曲として非常に良い仕上がりだと感じます。満足度も高いです。

 

残念なのは市場在庫が少なく、入手困難な点

ケイブのサントラは数が少なく、現在新品での販売を行っていません。そのため、全体的にプレミア化している状況です。

ketui3

本サントラもそれは変わらず、高値で取引されています。

ketui4

原曲が収録されたサントラはより高値。ケイブのゲームはとても良い曲が揃っているため、なんとか再販されると嬉しいんですけどねー。

ゲームサントラってどれぐらいから作れて採算が取れるのかわからないのですが、少なくともケイブのサントラは需要があります。また、良いサントラは長く売れると個人的には思うので何かの際に再販されることを願ってます!

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - ゲームミュージック