おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

リィンの体の傷の秘密は? 気になる出だしの第4章開幕!(閃の軌跡 プレイ日記14)

      2013/11/24

第4章はいきなり帝国の中枢、バルフレイム宮からスタート

2週間ぶりのごぶさたでした、閃の軌跡のプレイ日記! 前のブログからもう14回目となりますね。まだクリアしてねーのかよ!って言われそう…。じっくり遊んでいて、イベントごとに街の人全員と会話したりしてる(軌跡シリーズでは定番かも)ので、進みは遅いかも? でもその分楽しんでます(*´∀`)

 
20131123-sennokiseki-000
では今回は第4章が開幕! この章はいきなり帝国の中枢、バルフレイム宮からスタートします。そこに出てきたのは…?

 
20131123-sennokiseki-001
鉄血宰相オズボーン! 満を持して出てきた感じです。

今までのシリーズではほぼ悪役(直接敵対するわけではないですが、ラスボス級の威圧がある人)として描かれてきてました。しかしこの帝国編では民衆から大きな支持を受ける改革推進の筆頭として、無くてはならない人物となっていますね。能力は最大級にある人なので、その分野望もとてつもなさそう…。

そしてオズボーンと話してるのは誰だー?

 
20131123-sennokiseki-002

マキアスのお父さん、帝都知事レーグニッツ! 

この人もかなりのやり手みたいです。改革派なのはオズボーンと同じ。腹をくくって事に当たる、というのは何を指しているんでしょう…。なんか大きく物語が動きそうな章ですね。シリーズを最初から遊んできた身からすると、今までの物語以上にワクワクします(*´∀`)

以前、『空の軌跡 the 3rd』でオズボーンが語った『貴族への恨み』のようなものを、レーグニッツ知事も持っているのかなと。それも相当なものでないと、オズボーンが信頼するわけはないはず。もちろんオズボーンの器からして、自分を含めたすべての人間が駒なんでしょうがそれもこの人はわかってるんじゃないかなー。ああ、早く先が見たい!

 

■一方、特別実習から戻ったⅦ組面々は…

20131123-sennokiseki-003
水着キター

男子も女子も! 特に女子! 水着姿でナイスバディ(私語)を晒してくれてます。いいなぁ…思春期なんか、俺恥ずかしくて女の子の水着姿なんて直に見られなかったよ…(遠い目)

 
20131123-sennokiseki-004
サラ教官もナイスバディとあいかわらずの悪ノリをかましてくれてます。

 
20131123-sennokiseki-005
そんな中、リィンの体に注目。なにやらスゴイ傷跡が…! 話しによると、昔付いたものらしく、あまり覚えてないそうで。

うーん、これはまぁ何かの伏線でしょうね。時折挿入される、子供時代の記憶(熊と戦って倒した?)とつながりがありそうです。リィンはまだ過去の話が具体的に出てきたわけではないので、この章か、もしくは先の章で明かされるはず。主人公だから最後のほうかな?

さて、こうして見ると和気あいあいとやっているように見えるんですがー

20131123-sennokiseki-006
お?

20131123-sennokiseki-007
おお?

なにやらラウラとフィーがあまり良くない雰囲気のようで、水泳勝負をすることに。結果はラウラの勝ちでしたが、その後の会話でラウラが「私たちは合わない」とつぶやいたあたり、なかなか重傷っぽい…。

戦闘能力が高く、また猟兵団出身のフィーに対し、ラウラが妙に意識してて、フィーもそれに反応して意識しちゃってる感じ。そーなるとこの2人の問題が4章では描かれそうです。

 
20131123-sennokiseki-008
なんかフィーも考え込んだりしてる場面が見られるように。

 
20131123-sennokiseki-009
なんでもない=悩んでる、ってことなので、力になってあげられればいいんだけど、今はまだ何もできなそう…残念(´・ω・`)

 
章ごとにⅦ組の面々のエピソードが入ることで、キャラに対しての思い入れが強くなっていきますね-。クリアしたら、お気に入りキャラのランキングをやる予定です。ほんと、バランス良く割り振られているので今はまだランク付けはまだできない段階かなぁ。

  
20131123-sennokiseki-011
そしてアイキャッチ。

『緋の帝都~夏至祭』

いざ、開幕です!

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - 閃の軌跡 , ,