ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

コンシューマゲーム

【レビュー】 スプラトゥーン(Splatoon)[WiiU]。闘会議プレイレポート!

更新日:

日本初のプレイアブル出展

WiiUで2015年春発売予定のゲーム、スプラトゥーン。

Splatoon

1/31(土)、2/1(日)で開かれたニコニコ闘会議。ここで日本初の試遊出展されるということで、さっそく行ってきました!

 

20150131-toukaigi019

会場内の看板。街中をペンキで塗りつぶせ、ということでかなりかなりポップな使いが特徴のこのソフト。今回は4vs4の対戦形式で2試合、闘うことができました。

結論から書くと…

 

買いです!

 

街中にインクを塗っていく快感

本作は、いわば陣取りゲーム。

Splatoon4

銃で打ちまくると撃った先が自軍のインクで染まっていきます。塗った場所はイカに変化して高速で移動できたり、相手の攻撃から身を隠すことができるようになります。

とまぁ、そんなメリットはあるのですが、まずなんといっても

インクで染め尽くすのが気持ちよすぎる

 

Splatoon5

子供のころ、ペンキを塗っている職人さんとかを見て「自分も塗りたいなー」って感じたことありませんか? そんな欲求を本作は本作は思う存分満たしてくれるんです。「ヒャッハー! 塗りまくってやるぜー!」みたいなハイテンションで終止遊ぶことができました。

 

敵を倒すことだけが活躍する形じゃない

普通の対戦ゲームだと、敵をいかに倒すか?に主眼が置かれます。ただ、本作は違いました。

自軍のインクを塗った地面や壁は、イカ状態に変化して潜ることができます。そしてインクを回復したり、敵の攻撃から身を隠したり、戦闘を有利に展開することが可能です。

Splatoon6

自軍のペンキでどれだけフィールドを塗ったか?が勝敗を決めます。いくら敵を倒しても、塗ったスペースが相手より小さければ負け!

なので、敵との打ち合いより、いかに自軍の陣地を確保していくかがカギです。相手が自軍陣地に深く攻め込んできたら、逆に相手陣地も手薄になっているので逆に攻め込むことで状況を改善できることも。

Wiiゲームパッドを傾けることによって視界の向きを変えるため、最初操作に戸惑いました。ただ、小学生低学年ぐらいの子供が試遊2試合目でコツを掴んでいたように、慣れてくればまったく問題ありませんでした。

 

友達、家族で気軽に楽しめる1本

本作の見た目は洋ゲーな雰囲気がありますが、中身は気軽、手軽にワイワイ遊べる内容です。

Splatoon7

任天堂の若手が製作しているためか雰囲気もポップで音楽もノリが良く、何よりもっと遊びたい!と思える内容が素晴らしかったです。

子供も大人も、童心に帰ってワイワイ遊べるゲームです。もちろん、ネット対戦もあるのでコアゲーマーにも腕のふるいどころがありますね。

 

今回、実際にプレイしてみて本当に良かったです。おそらく、本体ごと買うと思います(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-コンシューマゲーム
-

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.