おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

『PS VITA TV』の威力は想像以上にすごかった!

   

11/14発売のPS VITA TVを購入

これ、VITAの据え置き機版みたいなもので、液晶TVとかにつなげば大画面でVITAのゲームが遊べるという優れものです。なので買ってみて、家に帰って最初に何を遊ぶかなー、と考えた結果…

20131115-psvitatv011
おっぱいがいっぱいの、閃乱カグラを遊ぶことにしました!

VITAであれだけボインボイン(死語)揺れてたんで、それを大画面で堪能したらさぞ眼福だろうと邪な意思を抱いた結果がこの選択でした。「他にも遊ぶゲームあるだろ…(;´Д`)」ってツッコミはこの際おいときましょう!

20131115-psvitatv003
さっそくTVと接続し…

20131115-psvitatv002
ソフトとメモリーカードを挿入し…

20131115-psvitatv006
アップデートを済ませると…

20131115-psvitatv007
おおー!
オープニングアニメは迫力満点! VITAの画面で見ていたのとはぜんぜん違いますね。

それではさっそくゲームスタート!

爆乳から超爆乳へ。幸せすぎて死ねます。

20131115-psvitatv015
使用したのはLV50の斑鳩さん。今年初めにかなりやりこんでお気に入りのキャラです。さて、実際のゲーム画面はどうかというと…

 
20131115-psvitatv020
大きい! 大きいよ斑鳩さん!

VITAの時は小さい画面でキビキビ動く印象でした。しかしPSVITA TVを使って大画面の液晶に出してみると迫力がケタ違い。キビキビした動きはそのままに迫力がグワーッと増したので、めちゃめちゃ感動します。

操作系だけはVITAとデュアルショックの違いがあるので最初は違和感がありました。ただすぐに慣れちゃうのでそれほど心配しなくて大丈夫。

そしてなんといっても…

 

20131115-psvitatv013

おっぱいが大きい!

生きてきて良かった! 良かった!

プルンプルン揺れる爆乳度合いがVITAとはケタ違い。VITAが爆乳としたら、VITATVは超爆乳や!東芝REGZAの37型液晶を六畳間に置いたのはこのときのためだったんだ…!と感じるぐらい、圧倒的な大きさに進化しました。

 
20131115-psvitatv016
特に秘伝忍法を使ったときはキャラがかなり大きく表示されます。超爆乳が液晶TVでプルンプルンと揺れる様は男にとって至福の時。やっぱり生きてきてよかった…!

  
20131115-psvitatv018
うーん、やっぱ最高ですねー。

  
20131115-psvitatv027
PSVITATVと比べてもみてもすっごく…大きいです。

VITATVで閃乱カグラを遊ぶなら、絶対大きめの液晶で遊ぶべき! これだけ迫力があると、今まで遊んできたVITAのゲームを軒並み遊び直したくなっちゃいますね(*´∀`)

 

大画面で遊ぶ楽しさは想像以上

カグラでおっぱいを堪能したあとは、ふと我に返って朧村正を遊んでみました。硬派な和風アクションで、グラフィックの美しさは日本内外で評価されているゲームです。

 
20131115-psvitatv029
いや…もうぜんぜん遜色ないですね。大きな画面でも十分に美しいグラフィック。さすがヴァニラウェアです。

 
20131115-psvitatv030
ちょっと拡大して撮ってみました。普通に据え置きのHDゲームって言われても気が付かないんじゃないでしょうかこれ。

 
20131115-psvitatv035

最強の剣、朧村正の奥義、『百鬼乱閃』を使っているところ。すべてなめらかに動いていてまったく問題ありません。おしょ~のようにVITA版から朧村正を遊んだ人は、大画面で遊ぶと感動度合いがハンパなく高いはず。特に朧村正は美しいグラフィックが売りの1つ。PSVITATVで遊ぶことでよりその恩恵を味わうことができますね。

いやー、すごいわVITATV。据え置きみたいに遊べる=大きな画面で大迫力で楽しめる、という利点&喜びは想像以上にすごかったです。閃乱カグラみたいなキャラの魅力が大きいゲーム、また、、大画面で遊ぶことでの楽しさ、喜びもより大きいですし、ぶっちゃけ大きなおっぱいが楽しめるんで、それだけでPSVITATVを買っても良いでしょう。

お出かけ先ではVITA本体、家ではPSVITA TVで遊ぶという使い分けも十二分に『アリ』です。価格も9954円と据え置きとしてはかなり安いので、VITA本体の代わりにPSVITATVとソフトを買って家で楽しむのもオススメ。想像以上のシロモノだったので、これかだいぶお世話になる本体ですね(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - コンシューマゲーム