おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【殺してでも うばいとる】ロマサガ1、セリフの想い出

   

ロマサガ1をリアルタイムでプレイしたときのお話

サガシリーズ最新作『サガ スカーレット グレイス』。

その初回特典が

20161025-romasaga000

ねんがんのアイスソード

に決定しました。

ロマンシング サガ1(ロマサガ1)をプレイした人にとっては記憶に強く残っているアイスソード。おしょ~も想い出深いアイテムです。

 

「な なにをする きさまらー」

アイスソードは、ロマサガ1に登場するキャラ『ガラハド』が持っている強い剣です。

旅を続けていると、とある街にガラハドが出現(主人公がグレイの場合は初期の仲間なので、別れる必要あり)。そこでアイスソードを手に入れたことをアピールされます。

で、出現するのがこの3択。

20161025-romasaga001

 

伝説の3択です。そして特に有名なのが2番目の選択肢、

してでも うばいとる」

スーパーファミコンだったので解像度がまだ低く、漢字が大きく表示されているのがまたインパクト大ですね。この選択肢を選ぶと…

 

20161025-romasaga002

「な なにをする きさまらー」

そのあと、メニュー画面でアイテムをチェックすると、アイスソードが1本しっかり加わっています。

ロマサガ1をおしょ~がプレイしたのは中学生時代。多感な思春期にこの選択肢はシビれました。というか、ロマサガ1って選択肢の言葉がかなり独特だったんです。

 

河津秋敏さんのセンスあふれるセリフ群

サガシリーズの生みの親、河津秋敏さん。シナリオ関連は1人で手がけていることがほとんどです。氏の台詞回しは当時(今も?)のRPGで異端と言える出来栄えでした。おしょ~的に気に入ってるものをいくつか紹介します。

 

20161025-romasaga003

「てめえが つよすぎるんだよ 大女め!」

相手の強さを認めつつ、大女という暴言を、相手の目の前で吐く。この乱暴さがロマサガ1では大きな魅力の1つです。

 

20161025-romasaga004

「カッパか はっ!」

この短いセリフに、カッパに対する侮蔑が凝縮されています。自嘲している相手に対し、容赦なく心をえぐる選択肢です。

 

20161025-romasaga006

「はい! どうぞ!!」

仲間の命を喜々として差し出している印象の選択肢がこれ。どうぞ!!の部分で『!』マークが2つになっているところのセンスがいいですね。

 

そして、おしょ~が今だに忘れることができない選択肢がこれ。

20161025-romasaga008

20161025-romasaga007

「ざけんじゃねぇよ」

金を置いていけと脅す相手に対し、完璧なまでに否定の意志を示すこの返答。これを初めてみたときの衝撃ったらなかったです。

ドラクエでは定番だった「はい」「いいえ」の選択肢。誰でもわかりやすいメリットがあり、ドラクエっぽさの要素として今でも引き継がれています。

そしてロマサガでは『選択肢が魅力的』な台詞回しになっています。わかりやすさは若干失ってはいるものの、それを上回るインパクトを持っていますよね。

ロマサガ1は全編に渡り、ぶっ飛んだ台詞回しの選択肢のオンパレードです。2からは選択肢がおとなしくなってしまった印象があり、そのインパクトはシリーズ中No.1といえるでしょう。

 

スカーレットグレイスでも河津さんがシナリオ担当

新作の『サガ スカーレット グレイス』でも河津さんがシナリオを担当。セリフも全部手がけているそうです。

title

003

上の画像は発表当初に公開された画像です。スーファミと違い、漢字が普通に表示できるようになって久しいですが、ロマサガ1を超える伝説の選択肢が生まれればいいですね。

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - コンシューマゲーム