ゲームレビュー、ゲームサントラレビュー、ゲーム屋ネタをお届け!

コンシューマゲーム

ショベルナイト[3DS/WiiU]。ファミコン世代ゲーマーのマストアイテム!【レビュー】

更新日:

6/30に発売したレトロゲーム風アクション

3DSとWiiU(3DSはパッケージ同梱、WiiUはダウンロードコード同梱)で発売された2Dアクションゲーム『ショベルナイト(SHOVEL KNIGHT)』

 

20160702-SHOVEL KNIGHT001

 

まったくノーマークだったのですが、商品課バイヤー歴20ウン年の『ねこねこ』さんがしっかり発注してくれていました。

もともとは2014年に海外で発売されており、調べてみたら2014年のナンバーワン3DSソフトに輝いていました(ソース記事:metacritic)。

というわけで、さっそく買って遊んでみました!

 

ファミコンゲームへの愛にあふれた作り

本作のベースとなっているシステムはロックマンです。

 

20160702-SHOVEL KNIGHT013

ただ、主人公の武器はショベル(スコップ)。これをぶんぶん振り回して敵をやっつけて進んでいきます。Aボタンでショベル攻撃、Bボタンでジャンプ、ジャンプ中に↓押しで下突きを行うことができます。

プレイ感覚はロックマンのそれと近いところがありますね。操作レスポンスもめっちゃ軽快です。針山や穴に落ちての一撃死はありますが、ゴールドを失ってチェックポイントに戻るだけなのでストレスはありません。

 

20160702-SHOVEL KNIGHT022

ステージギミックは非常に多彩! 頭を使ってルートを開拓できたときのしてやったり感はまさにファミコンソフトのそれ。スペランカーのように壁の中に隠された宝石などもあったりして、それを見つける楽しみもあります。

 

20160702-SHOVEL KNIGHT025

3DS版では下画面をタッチしてアイテムが切り替えできるのもGOODです。

 

20160702-SHOVEL KNIGHT018

遊んでみてすぐに気づいたのは、いろいろなゲームのオマージュが本作にたくさん散りばめられているということでした。ちょっと例を挙げると…

 

・体力回復が悪魔城ドラキュラシリーズでおなじみの肉

・悪魔城ドラキュラみたいなホラーステージ&BGMが存在

・体力回復アイテム取得音が忍者龍剣伝のそれとそっくり

 

20160702-SHOVEL KNIGHT010
・ロックマンのように各ステージに個性あるボスが存在し、いろいろな攻撃を仕掛けてくる

 

20160702-SHOVEL KNIGHT024
・マップシステムはスーパーマリオブラザーズ3のそれ

などなど、本当にいろいろなファミコンゲームのネタが詰まっています。個人的にお気に入りなのが↓のネタでした。

 

20160702-SHOVEL KNIGHT019

FF1
▲ファイナルファンタジー1のオマージュです。マトーヤの洞窟にいるホウキが話す言葉でこんなのがありましたよね(*´∀`)

こういったネタも含め本作はファミコンソフトへの愛を各所に感じることができます。これ作った人、本当にファミコンゲームが大好きなんだなぁ…とニヤニヤしちゃいました。

 

内蔵音源+VRC6拡張チップ仕様の本格派ファミコンサウンド

本作は音楽も本格的ファミコンサウンドになってます。

 

フォロワーさんのハイデンさんがこうつぶやいているように、本作の音楽はファミコンそのもの。タイトル画面から流れてくるBGMからしてクオリティが圧倒的。鳥肌立ちまくりです。

20160702-SHOVEL KNIGHT005

サントラは作曲者であるJake Kaufman氏のサイトで聴くことができます。オープニングテーマだけでゾワゾワと肌が粟立つこの感覚…! 『Main Theme』『Strike the Earth!』とかホント名曲です。

 

昔、ファミコンに心をときめかせていた男性に贈りたい

本作に文句の付け所はほとんどありません。ファミコンオマージュのゲームとしては個人的に100点満点です。

 

20160702-SHOVEL KNIGHT002

おしょ~のように、昔ファミコン少年だった男性にとっては心の奥底までぶっ刺さりますね。子供のころにワクワクしながらプレイしていた気持ちを思い出せる良作です。

こういったゲームがPCから移植で家庭用で出てくれるのは本当に嬉しいですね。ローカライズもしっかりされているのでお店でしっかりアピールして長く売っていきたいですね。本当に面白いですよこれ(*´∀`)

 


(※2016/07/04 ゲーム動画追加しました)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

gekicore-gamelife-ad-pc

gekicore-gamelife-ad-pc

-コンシューマゲーム
-

Copyright© おしょ〜の激コアゲームライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.