おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

スト2世代の自分が感じた、ストリートファイターVの楽しさ3つ【ゲームレビュー】

   

7年ぶりとなるナンバリングタイトル

20160223-SF5001

先週PS4とPCで発売された『ストリートファイターV』。

学生時代、スト2に連コインしてた自分も楽しくプレイを続けています。スト4のときは入りそびれた感がありましたが、今回のVはヘタクソなりにかなりエンジョイできているんですよね。いくつか理由が思い当たったので、自分なりにまとめてみました。

 

①シンプルになった技関連

最初ストVをプレイしたとき『スト4に比べてシンプルになった』と強く感じました。

 

20160223-SF5006

遠距離と近距離で技が切り替わらなくなったり、メインの連続技が単純になってたり。大攻撃を近距離でガードされるとほぼ反撃確定な部分も個人的にかなり気に入りました。

また、先行入力がやりやすくなって連続技の難易度もかなり下がっています。これもかなり嬉しい変更点!

スト4時代は1フレ目押しや辻式などのテクニックが盛りだくさんで、正直自分にはムリだなーと思ってましたが、今回は『なんかできそう』と感じられたんですよね。実際、目押しでなく連打でイケるのがとても良いです(*´∀`)

 

②初心者向け情報の充実

ひさびさのナンバリングタイトルのため、ネット各所でかなり情報が頻繁に飛び交っています。初心者向け情報、攻略も充実しているため自分みたいな人間にとってはめっちゃありがたい環境となっています。

 

スクリーンショット 2016-02-23 11.46.59 スクリーンショット 2016-02-23 11.47.11

▲ゲーム攻略サイト『ゴジライン』のストV攻略情報。画面写真付きでわかりやすく丁寧に解説しています。

 

プロゲーマーの方も初心者を意識した動画を配信していたり、今回のストVで新規層を増やそうと意識して動いていることを強く感じました。

プレイ層が多くなれば、そのコンテンツは大きく盛り上がります。特に今回のストVは初心者がとっつきやすいため、こういった施策はプレイユーザーの拡大につながります。

動画サイトを含めて発展してるのでスト4の時より情報によりアクセスしやすく、上手い人のプレイをすぐに参考にできるのもありがたいですね。

 

③初期のキャラ数が少ない

ストVで使えるキャラは16人。

この人数の少なさもとっつきやすさの一因となってます。

sfv

スト4の最後は44キャラもいたため、なかなか新規が入るといっても難しい状態になってました。

今回は人数が16人とグッと少なくなったため、キャラの対応も断然しやすくなっています。この人数だったら時間の少ない人でも対策を含め勉強しやすいはず。

今年は6人のキャラが追加予定ですが、それでも合計22人なのでそれぞれ密度の濃い対戦ができるはず。やっぱこれぐらいの人数が初心者にとってはちょうど良いのかもしれません。

 

20160223-SF5011

おしょ~は新キャラのラシードを使ってます。まだLP1000にも行ってない超初心者ですが、じょじょに立ち回りやコンボを覚えて実戦投入している段階です。

ネット対戦も同じぐらいの実力の人と出会えるので、初心者でもアツイ戦いができるのもGOOD。1戦1戦が勉強となりますね。サーバーもメンテナンスが2/23に行われたのでマッチングも改善して遊びやすくなっているのではと思います。

 

 

スト2世代に断然オススメ

おしょ~のように学生時代、スト2をそれなりに楽しんでいた人間にとって、今回のストVはかなり楽しめます。

シンプルな駆け引きが楽しめるため、仕事から帰ってきて3試合だけ、とかでも十分エンジョイできます。スト4のように、スーパーとかウルトラは出さないと開発者が明言していることもあり、1本で長く楽しめるコンテンツとなりそうです。

 

スト2世代の人、昔とった杵柄ではないですがここでいっちょ格闘ゲームに返り咲いてみてはどうでしょう。個人的には長く付き合っていく予感がプンプンするタイトルとなりました。まずはラシードでシルバーに上がることを目標に頑張ってみます(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - コンシューマゲーム