おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

怒首領蜂大復活をクリアして感じた、シューティングゲームの3つの楽しさ

      2015/08/17

怒首領蜂大復活 ノービスモード 表2周1コインクリア達成

今日…ついに目標としていた

『怒首領蜂大復活 ノービスモード
表2周 1コインクリア』

を達成することができました!

IMG_0036

▲撃破の瞬間! 残機0で残りボム2という状況でした。

 

ノービスモードなので、通常モードに比べると難易度が低く、上級者の方なら初プレイでクリアできちゃうようなレベルです。ただ、シューティングゲーム初心者の自分にとってはすごく苦労したため、とてもうれしく感慨深いです。

 

そもそもシューティングゲームはスマホゲーム『ゴシックは魔法乙女』で興味を持ったのがきっかけでした。ツイッターのフォロワーの方に初心者向けのタイトルをオススメしてもらい、プレイすることになった本作。

最初は1周目のクリアでさえ、「これクリアできるのかな?」と感じてましたが、なんとか目標とした表2周目をクリアできて本当に良かったです。

ここまでプレイして、初心者として感じたシューティングゲームの楽しさを3つ、まとめてみました。

 

①プレイすればするほど、目に見えて上達する。

プレイすればするほど上手になるのは、アクションや格闘ゲームなど自分でキャラクターを動かしていくタイプのゲームに共通する要素です。

ただ、シューティングの場合は目に見えてそれがわかりやすい!

IMG_0022 IMG_0023

 

・ボム無しでは無理だった弾幕が避けられるようになったとき

・到達できなかったステージにたどり着くことができたとき

以前の自分にできなかったことが、目に見えてできるようになる。はっきりとゲームの結果として明示されるため、プレイのモチベーションはかなり持続します。そしてもっと先が見たい欲求が生まれ、結果的に楽しさの好循環が生まれることになります。

おしょ~も1周目が1コインクリアできて、2周目に突入したときは難易度の上がりっぷりにかなり驚きました。

ただ、プレイを重ねるうちに2-2、2-3、2-4と進めるようになってきて。確実に自分の腕前がアップしていることに気づけたんですね。結果、モチベーションは下がることなく、目標達成までプレイし続けることができました。

 

②がんばって敵弾を避けられたときが超うれしい

ノービスモードとは言え、2周目になると道中やボスの攻撃はかなり激化します。

実力的に絶対ムリな弾幕はおとなしくボムを使います。ただ、ボムの数には限りがあるので、避けられそうなところはがんばって避けに挑戦していました。

IMG_0032

自機の当たり判定が見た目よりかなり小さい(中心の光点に当たらなければOK)ため、意外と気合でなんとかなったりするんですよね。

うまく避けられたときってすごくうれしいですし、難しいテスト問題が解けたときみたいにテンションがグッと上がります。確実に脳から何かがドバーッと出てますね。

弾幕シューティングにハマっている人は、この快感にハマっているんだろうなぁ、と自分で体験してみてよくわかりました。楽しいです(*´∀`)

 

③なみいる敵をガンガン倒していく爽快感

数あるゲームの中でも、シューティングゲームの気持ちよさはトップクラス。絶え間なく出てくる敵を連続で倒していくのがとても気持ちいい!

プレイヤーが爽快感が味わえるよう、ザコや中型機の出現するペースがきちんと考えられているんですよね。

IMG_0027 IMG_0021

攻撃の激しい中型機や地上物を破壊すると、それが出していた弾が一気に消えるギミックの存在も良かったです。ドカーン!→バシューン、みたいな感じでピンチが一気に解消される爽快感がありました。

ストレス解消といえば、アクションの無双シリーズがよく挙げられます。ただ、シューティングゲームは負けず劣らず高い爽快感があります。毎日1プレイとか遊んでると、知らず知らずストレスが解消されてすっきりするはずです(*´∀`)

 

これからもプレイを続けます!

当面の目標を達成したので、次は別のシューティングゲームを遊ぼうかなと。

シューティングゲームの楽しさに目覚めたからには、いろいろな作品を遊んだほうが多角的にシューティングのことを見られるはずなので。

なので怒首領蜂大復活はしばらくお休みです。裏2周目の最後に出るボス『]-[|/34<#!(ヒバチ)』にも会いたいですが、さすがに突入条件が厳しく、今の自分ではどのくらいかかるかわからないので。

 

musihimesama  espgaluda

『虫姫さま』『エスプガルーダ』が難易度低めとのことなので、ひとまずこの2作品にチャレンジする予定です。あ、もちろんノービスモードがあればノービスモードでプレイします。

3ヶ月前はここまでシューティングゲームにハマるとはまったく考えてませんでした。遊んでみて本当に面白いジャンルだとわかったのはゲーム歴37年目にして大きな収穫です。

今までほとんど遊んでこなかったジャンルなので未プレイのゲームばかりで長く楽しめそうなのもうれしいです。腕前はまだまだ初心者ですが、のんびり遊んでいきますよー(*´∀`)

 

▲撃破動画はこちら(表2周目突入時~大佐蜂 撃破まで)。初心者ならではの危なっかしいプレイを笑いながらご覧ください。

 

600x450-2015081000348

▲虫姫さま仕様のアーケードスティックも買いました。目標達成できたのはこのスティックに変えたおかげかもしれません(・ω・)b

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - コンシューマゲーム