おしょ〜の激コアゲームライフ

ゲーム屋に勤めるおしょ~がTVゲームの楽しさを伝えるべく、レビュー、プレイ日記、ゲーム屋ネタなどを更新してお届け! ゲームサントラレビューも力入れてます!

*

【ファミコンレビュー】『スーパーゼビウス ガンプの謎』。2周目ラストに待っていた、衝撃の瞬間。

   

大ヒットSTG『ゼビウス』の続編

1983年に登場したアーケードゲーム『ゼビウス』。

その続編として、ファミコンで発売されたのが本作です。

SuperXevios1

スーパーゼビウス ガンプの謎[FC 1986年]

ナムコ初のハードカバー付きソフトであり、ジャケットの金色も輝かしい高級感のあるパッケージ。当時としては見た瞬間おおー!と思ったぐらいインパクトがありました。

『スーパー』という名前もわかりやすい上に『ガンプの謎』という興味を惹くサブタイトル。当時のおしょ~は心をときめかせながら本ソフトを購入しました。

 

SuperXevios2 SuperXevios7

前作と同じくシューティングゲームである本作。しかし謎と名前がつくだけあり、とても珍しい仕掛けがありました。

 

シューティングでは珍しい『謎解き』が存在

普通、シューティングゲームはただひたすら敵を倒していけばOK。敵を倒し、敵弾を避ける、この2つがメインです。

 

しかし本作では

ステージごとに仕掛けられた
謎を解かないと先に進めない

んです。

 

謎を解かないとずっと同じステージをループすることに。4ループまでは大丈夫なんですが、5ループに突入すると

燃料切れでソルバルウ(自機)が墜落します。

ソルバルウってゼビウス軍に立ち向かえるすごい戦闘機だったはず。それが燃料切れで墜落するって…。子供心になんとなく釈然としないものがあったものの、謎解きはけっこう面白いものが多かったです。

 

SuperXevios10 SuperXevios9

ステージもゼビウスでは見かけないような地形が多数登場。低空飛行や地中ステージもあり、普通に進むだけでいろいろなシチュエーションが楽しめるのは非常に良かったですね。

 

ソルバルウがパワーアップして超強く

また、ゼビウスと大きく違った部分として、自機のパワーアップシステムが挙げられます。

友軍機体が落としていく3色の玉。これを取るとそれぞれザッパー(空中ショット)やブラスター(地上ショット)が強化されたり、敵弾を防ぐバリアになったりしました。

SuperXevios2 SuperXevios6

このパワーアップは新鮮そのもの。特にブラスターの範囲が大きくなるのは非常にありがたく、これがあると無いとでは難易度がけっこう変わりました。

 

そして極めつけはスーパーザッパー

名前からしてけっこう凄そうですが、事実これには衝撃を受けた人も多いでしょう。

とあるステージに突入すると、特別な友軍機が登場。それと合体すると、スーパーザッパー獲得です。

zebi-ar13-2

これの何がスゴイかって

バキュラを一撃で破壊できる

こと。

 

img_1

上画像の黒っぽい長方形の板がバキュラ。

これ、前作では破壊する手段がありませんでした。ザッパーを何発当ててもびくともしません。256発ザッパーを当てれば破壊できる、という都市伝説も生まれたほどです。

それが1発で破壊できたときの衝撃といったら…すごかったです。不可能を可能にするという夢のような武器。前作を愛好する人からは賛否あったそうですが、個人的には大好きなギミックでした(*´∀`)

 

 

『ガンプの謎』は謎のまま

本作のサブタイトル『ガンプの謎』。

ガンプとは、ゼビウス軍を指揮しているバイオコンピュータです。

SuperXevios4

4つに分裂して攻めてくる、本作ラスボス『ブラグリーズ』。すべて破壊すると、基地が壊れエンディングメッセージが流れます。

 

SuperXevios11

このエンディングメッセージが光っている間にスタートボタンを押すと、2周目に突入できます。しかし、押さずにそのまま待っていると…

 

gump3

散らばっていたブラグザ(ガンプの一部)が集まっていき…

 

gump

…!?

 

gump2

ガ ン プ 登 場

 

ガンプはプレイヤーをあざ笑うかのようにスーッと画面上に移動し、消えていきます。その後、表示されるゲームオーバーの文字。

これ、初めてみたときはゾワゾワッと鳥肌が立ちました。なんかすごいもの見ちゃったって感じで小学生だったおしょ~にとって、謎の一端に触れられたのはとてもワクワクする体験だったのです。

 

2周目に行けば最後アイツと戦えるはず…!

その決意を胸に2周目に挑戦しました。難易度がメチャクチャ高くなる中、なんとか最後までたどり着き、ブラグリーズを撃破。

同じようにメッセージが表示され、ワクワクしながら見守ります。

gump3

同じようにガンプが現れて…

 

gump

スーッ

 

G A M E O V E R

 

( ゚д゚)

 

結局、本作ではガンプを倒すことはできなかったのです。

後に発売されるゼビウスシリーズでは実際にボスとして破壊することができるようになったそうですが…。この時のショックは本当にすごいものでした。放心状態で画面の文字を見つめてましたね…。

SuperXevios12

謎は完結しなかったものの、パワーアップの爽快感、スーパーザッパーの存在、ステージの謎解きが面白く、クリアしたあともけっこう楽しめる1本でした。音楽もなかなかの名曲が揃っているあたりも良かったですね。

金色のカセットが印象的な、個人的にゼビウス以上に想い出深いゲームです(*´∀`)

The following two tabs change content below.
おしょ~
1976年、東京都福生市生まれ。幼少時からゲームに親しみ共に過ごす。プログラマ、ゲームシナリオライター見習いなどを数々の職業を経て現在、東京都にあるゲーム専門店PAOで販促企画を担当。ゲームの面白さをもっと世の中に伝えるべく、ブログ『激コアゲームライフ』を運営中。

 - コンシューマゲーム